ダカール第6ステージでデモ隊が抗議行動、ボリビア政府への不満が噴出

ダカール第6ステージでデモ隊が抗議行動、ボリビア政府への不満が噴出

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/12
No image

ダカールラリー第6ステージのゴール地点に到達したKTMのアントワン・メオ(右)の目前で、デモ隊の一人を取り押さえる警察官(2018年1月11日撮影)。

【AFP=時事】ダカールラリー、第6ステージのゴール地点となったボリビアの首都ラパスで11日、抗議者と警察による衝突事件が発生した。約100人に上ったデモ隊に対し、当局は催涙ガスや唐辛子スプレーを使用して、競技者の使用していた道路にまで拡大したトラブルの鎮圧に乗り出していた。

デモ隊は「われわれが望んでいるのは病院だ。ダカールではない」と合唱し、2006年にボリビアの大統領に就任して2025年まで政権の座を維持しようとしているエボ・モラレス大統領に不満を訴えた。

この騒動では、ダカールの競技者をゴールまで先導する公式車両に向かって、空き瓶や椅子などが投げつけられたほか、二輪部門でトップを走っていたライダーが、国の刑法に対して怒りを爆発させていたデモ隊から、やじを飛ばされる場面もあった。

モラレス大統領はこうしたトラブルにもかかわらず、ペルーを出発してボリビアを経由し、アルゼンチンまで2週間の行程で行われる今回のダカールを歓迎しており、自身のツイッターに、「世界を結束させ、スポーツ界を盛り上げ、観光客を魅了するこのイベントに参加できることを誇りに思う」と投稿した。

この日のレースでは、武装した警察官らの厳しい監視の下で起きた暴動をものともせず、多くのボリビア市民が大統領に同調してライダーやドライバーに声援を送っていた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
10代少女2人の惨殺遺体発見、集団性的暴行後に遺棄 印北部の州
労働時間が長い国ランキング、2位は韓国、1位は?―米メディア
チリ産のサケは抗生物質まみれで超耐性菌「スーパーバグ」の温床になる危険性
韓国人はなぜ90年代から日本を憎むようになったのか
なんとプーチンに密着取材!オリバー・ストーン監督が見た驚きの事実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加