NPB、リプレー検証「リクエスト」導入を決定 大リーグ「チャレンジ」の日本版

NPB、リプレー検証「リクエスト」導入を決定 大リーグ「チャレンジ」の日本版

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

リプレー検証で判定が覆った日本シリーズ第2戦=10月29日

日本野球機構(NPB)は13日、都内で実行委員会を開き、来季からリプレー検証制度「リクエスト」の導入を正式決定した。

大リーグの「チャレンジ制度」同様のシステムで、判定に異議がある際に監督側からリプレー検証の要求が可能になる。チーム(監督)は1試合において「2回」のリクエストを行使でき、リプレー検証の結果、判定が覆った場合は回数が継続される。延長に入った場合は、新たに「1回」のリクエストが付与される。

リクエストの行使ができないプレーは以下の通り。

【ア】投球判定(ストライク・ボール)

【イ】ハーフスイング(チェックスイング)

【ウ】自打球

【エ】走塁妨害

【オ】守備妨害

【カ】インフィールドフライ

【キ】審判員(塁審)より前方の打球

【ク】ボーク(反則投球)

※【エ】【オ】は野球規則6・01(i)(j)を含む。

NPBではこれまで外野フェンス際の打球や本塁でのクロスプレー、封殺における危険スライディングの際、審判員の主導で試合を一時中断し、リプレー検証による確認を行っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
九州学院(熊本)編「ヤクルトドラ1村上輩出!開校100年を越える伝統校のつながり!」
ハマスタレジェンドマッチは佐伯に始まり、佐伯に終わる!?『TEAM 1998』が逆転勝利で熱戦を制す
背番号は7! 松井稼頭央ライオンズ復帰記念!! 西武の「背番号7」をプレイバック
ソフトバンク松田の“人生の岐路”は?
【野球】阪神・石崎が“剛球”で未来切り開く 155キロ、ストレートの秘密
  • このエントリーをはてなブックマークに追加