踊ってばかりの国、前作から8カ月のスパンでニューアルバム発売

踊ってばかりの国、前作から8カ月のスパンでニューアルバム発売

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2019/11/10

踊ってばかりの国が2020年1月22日にニューアルバム「私は月には行かないだろう」をリリースすることを発表した。

No image

踊ってばかりの国

これは東名阪ワンマンツアーのファイナルとして本日11月10日に開催された東京・東京キネマ倶楽部公演にて告知されたもの。踊ってばかりの国は5月にフルアルバム「光の中に」を発表しており、わずか8カ月のスパンでアルバムをリリースすることになる。

今作は初回限定盤と通常盤が用意されており、初回盤にはDVDを同梱。DVDには6月24日に東京・LIQUIDROOMで行われた「光の中に」リリースツアーでの、リキッドライティングによる演出を行ったシーンを中心とした30分程度のライブ映像が収められる。

またYuki Aizawaが撮影した新しいアーティスト写真も併せて公開された。

踊ってばかりの国「私は月には行かないだろう」収録内容

CD

01. バナナフィッシュ
02. タイムワープ
03. クロール
04. サリンジャー
05. 群鳥
06. In your eyes
07. 青いピアス
08. Hell hole
09. ペット
10. 秋の黄昏
11. アルビノのコウモリ
12. Right now
13. 君が愛したあの空へ

初回限定盤DVD

2019/6/24「踊ってばかりの国がやって来る!サラダ!サラダ!サラダ!リターンズ」at 恵比寿リキッドルーム
01. ghost
02. weekender
03. 光の中に
04. heaven
05. いややこやや

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米津玄師プロデュース、英語版「パプリカ」10人で初披露 久石譲氏も絶賛
30年分の感謝込めて!スカパラ「風のプロフィール」吹奏楽譜の無料DL企画実施
GReeeeN、小関裕太が楽しい週末を過ごす「2/7の順序なき純情」MV公開
SixTONES 単独FC発足、来春アリーナツアーも
vivid undress、かとうみさと監督による「コンキスタドールの現実闘争」MV公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加