侍ジャパン先発の広島薮田、2回3安打2失点で降板

侍ジャパン先発の広島薮田、2回3安打2失点で降板

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

日本ハム対日本代表 2回裏日本ハム1死二、三塁、太田に右越え2点適時二塁打を浴び汗を拭う薮田(撮影・鈴木みどり)

<練習試合:日本代表3-3日本ハム>◇12日◇SOKKENスタジアム

開幕投手候補の先発、広島薮田和樹投手(25)は2回3安打2失点で降板した。

2回無死から連打と犠打で1死二、三塁とピンチを招くと、日本ハムの8番太田に右越え2点適時二塁打を浴びた。

打線は3回に西武山川の犠飛と日本ハム近藤の適時二塁打で同点に追いついた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
アジアCSベストナイン、侍から5名選出 好機演出、日ハム同期コンビも!
ロッテ ドラ6永野が入団「昨日入籍しました」妻は4月に出産予定
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加