聖心ウルスラが九州対決を制す 四回に一挙4得点

聖心ウルスラが九州対決を制す 四回に一挙4得点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/11
No image

早稲田佐賀対聖心ウルスラ 力投する聖心ウルスラ・戸郷=甲子園(撮影・山口登)

「全国高校野球選手権・1回戦、聖心ウルスラ5-2早稲田佐賀」(10日、甲子園球場)

九州対決は聖心ウルスラが逃げ切り2回戦に駒を進めた。

聖心ウルスラ(宮崎)は二回に内野安打2本と送りバント、スクイズで手堅く先制。四回には上村奎二内野手(2年)の2点適時打など4連打に敵失が絡んで4得点した。早稲田佐賀の先発、安在悠真投手(2年)はこの回途中で降板した。

聖心ウルスラの2年生エース・戸郷翔征投手は140キロ前後の直球とスライダーを駆使し、四回まで無安打。しかし、七回に先頭の森田直哉投手(3年)から4連打を浴び、鈴木隆太内野手(3年)の左前適時打で1点を失うと、続く代打・春日井湧内野手(3年)に一塁への適時打を許した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハム・メンドーサ 今季途中で退団へ 出番減、国内他球団移籍も
広島鈴木誠也が右足首骨折判明!痛すぎる4番の離脱
元木大介、広陵・中村と早実・清宮を比較「何かを持っている」のは...?
【ヤクルト】真中満監督が退任発表前にくれたメッセージ
甲子園ベストナインを発表!編集部が選ぶ9人は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加