ドルト、負傷者は10人の大台に。シュメルツァー離脱でCLは本職SB“ゼロ”か

ドルト、負傷者は10人の大台に。シュメルツァー離脱でCLは本職SB“ゼロ”か

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/10/18
No image

マルセル・シュメルツァー【写真:Getty Images】

チャンピオンズリーグ(CL)のスポルティングCP戦を18日に控えたドルトムントの選手たちは、試合開催地のアウェイ・リスボンに到着した。しかし、チームはけが人続出で窮地に立たされている。

直前のヘルタ・ベルリン戦でマルセル・シュメルツァーが左内転筋を痛め、およそ2週間の離脱を強いられることとなった。これによりチーム全体の負傷者数は10人にのぼっている。

長期離脱中のマルコ・ロイスをはじめ、エリック・ドゥルム、ラファエウ・ゲレイロ、ネベン・スボティッチ、ゴンサロ・カストロ、ソクラティス・パパスタソプーロス、ルカシュ・ピシュチェク、スベン・ベンダー、アンドレ・シュールレ、そしてシュメルツァーが負傷を抱えている。

最も深刻なのはサイドバックのポジションだ。リーグ戦では貴重な控えとして活躍しているパク・チュホはCLの登録から外れており、非常事態でもスポルティングCP戦には出場できない。ピシュチェク、ドゥルム、シュメルツァー、ゲレイロとスペシャリストたちが軒並み負傷中で、本職のサイドバックで無傷な選手は一人も残っていない。

かといってセンターバックの層も万全ではなく、スポルティングCP戦は急造最終ラインで臨むことになりそうだ。シュメルツァーとゲレイロを欠く左サイドは、本来右サイドを得意とするフェリックス・パスラックに任されると見られている。

一方、ポジティブな情報もある。代表戦で負傷を抱えてドルトムントに帰ってきたパパスタソプーロスとピシュチェクはスポルティングCP戦に向けた遠征メンバーに入っており、ギリギリまで出場可否を見極めることになる。それぞれ内転筋と膝に問題を抱えており、現段階では「出場に希望が出てきた」程度の回復具合のようだ。

なお今回の遠征には負傷者続出の影響でパク・チュホとミケル・メリーノも帯同しているが、両選手はともにCLの登録メンバーから外れているため、練習のみの参加で試合に出場することができない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
CLで大健闘のレギア、試合後には大統領も祝福に訪れる
瀬戸貴幸フル出場のアストラ、ローマと引き分けクラブ史上初のEL決勝T進出
清武がJ2千葉へ完全移籍「新しいチャレンジ」 日本代表・清武弘嗣の弟
失点しての“目覚め”は悪い...鹿島MF遠藤「2倍3倍のパワーを使う」
対戦できるのが“光栄”...オークランド指揮官が鹿島称賛「手強いチーム」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加