スペイン検察 アギーレ氏に懲役2年、6年間のサッカー界追放を求刑へ 八百長疑惑

スペイン検察 アギーレ氏に懲役2年、6年間のサッカー界追放を求刑へ 八百長疑惑

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/14
No image

元日本代表監督のアギーレ氏

サッカー元日本代表監督で、現アルワフダ(UAE)監督のハビエル・アギーレ氏(59)に対し、試合結果を操作したとしてスペイン検察庁が懲役2年、さらに6年に渡りサッカーに関するあらゆる活動ができないよう求刑するという。14日のスペイン紙マルカが伝えている。

記事によると、金品の譲渡・受け取りにより試合結果を操作したとされる2010-11シーズンのレバンテ-サラゴサ戦の選手・監督すべてに同処分が求められる見通し。対象者はかなりの数にのぼるとみられ、アトレチコ・マドリード主将のMFガビ、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のMFアンデル・エレーラ(以上、当時サラゴサ所属)、現在レスター(イングランド)で日本代表FW岡崎と同僚のMFイボーラ(当時レバンテ)らの名前が挙がっている。なおサッカー界の関与禁止はあらゆる国のあらゆる役職が対象になるため、事実上の業種からの追放になる。

もっとも、仮に実刑判決が言い渡されたとしても前科がなければ、実際に収監される可能性は高くないという。ただし同氏はエスパニョール指揮当時の13-14シーズンのオサスナ戦についても同様の嫌疑がかけられているため、こちらでも有罪判決が出た場合には収監が避けられない状況が考えられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ボクシング・世界ヘビー級戦線「大注目の準決勝」が間もなく開戦する
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
井手口陽介、スペイン初先発も前半のみで交代...。代わったの選手が結果を残す
吉田麻也、靱帯負傷で離脱「残念ですが更にパワーアップして帰ってきたい」
「おれたちのチームにマリオがいる」 平昌五輪の米カーリングチームに「マリオ」そっくりな選手がいると話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加