2020年の猛暑対策!明治の「盛りすぎアイス屋さん」7月23日に限定オープン

2020年の猛暑対策!明治の「盛りすぎアイス屋さん」7月23日に限定オープン

  • おたくま経済新聞
  • 更新日:2019/07/22
No image

明治「盛りすぎアイス屋さん」東京・日本橋に7月23日限定オープン

2020年のオリンピック・パラリンピックは、アスリートの競技だけでなく「猛暑」との戦いも気になるところ。1年前のシミュレーションとして、株式会社明治は暑さ対策スポット「meiji 2020 COOLOING SPOT/盛りすぎアイス屋さん」を7月23日限定で東京・日本橋に出店します。

【関連リンクはこちら】

間違いなく猛暑が予想される2020年の東京。暑さ対策のシミュレーションは、1年前の今しかできません。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、暑さから身を守り、体を冷やすことで少しでも快適に過ごせる環境を提供することを目的に「Tokyo 2020 COOLING プロジェクト」を始めています。

このプロジェクトに参画する東京2020大会パートナーの各社は、組織委員会と連携しながら競技会場の観客動線上などに日陰を作って暑さをしのげるクールスポットを提供したり、クールアイテムのサンプリングを行うなどの施策を展開する予定です。株式会社明治は、このプロジェクトに乳製品やお菓子をふんだんに使った冷菓の販売などを行う、日よけスペースを備えた「meiji 2020 COOLING SPOT」で参画することになりました。

大会1年前の2019年、このテストケースとして7月23日に限定登場する「盛りすぎアイス屋さん」は、アイスとかき氷、そして豊富なトッピングで“盛りすぎ”なアイスを販売するもの。東京2020のコアグラフィックスが大胆に描かれた、移動式キッチンカータイプの店舗です。

No image

販売するのは、今年発売25周年を迎える「明治エッセルスーパーカップ」に、「明治北海道十勝スライスチーズ」「明治ブルガリアヨーグルト」「明治おいしい牛乳」「meiji THE Cacao」を素材にしたかき氷や特製ソースを盛り付けたアイス。これに「果汁グミ」や「meiji THE Chocolate」、「きのこの山」「たけのこの里」といったお菓子をたっぷりトッピング。冷たくて美味しいだけでなく“映える”フォトジェニックなものとなっています。

気になる出店場所は、東京・日本橋のコレド室町テラス。7月23日から日本橋地域で始まる「日本橋シティドレッシング for 2020」の初日、23日11時〜19時の期間限定となっています。盛りすぎアイスを聖火トーチに見立てて、写真を撮るのも楽しいかも!

No image
No image
No image
No image
No image

情報提供:株式会社明治

(咲村珠樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
《テント・テーブル・カゴetc.》おしゃれピクニックのアイディア&便利なグッズ
史上最恐のピラニアラーメン爆誕! 限定1000杯、一杯3000円で販売
吉野家「特選すきやき重」はまだ終売してないぞ~! 11時から数量限定で販売してるからな~ッ!!
子どもも大人も大好き!みんなで一緒に作る「五平餅」が香ばし美味♪【全国こども食堂探検 Vol.2】
ぜんっぜん食べない息子に悩んだ日々...1年前の自分に教えてあげたいこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加