新型コロナ 高知県内で新たに331人の感染確認

新型コロナ 高知県内で新たに331人の感染確認

  • KUTVニュース
  • 更新日:2022/09/24

新型コロナについて、高知県内で新たに331人の感染が確認されました。

新たに感染が確認されたのは10歳未満から90代までの331人です。このうち70代の女性1人が中等症です。

年代別では10歳未満が46人、10代が60人、20代が36人、30代が48人、40代が48人、50代が32人、60代が23人、70歳以上が38人となっています。

新たなクラスターは1件で、高知市の高齢者施設で、入所者5人の感染が確認されました。

居住地別です。高知市で173人、香南市で24人、須崎市で20人、土佐市で16人など、26の市町村で感染が確認されています。

高知県内の感染確認は9万8700人となり、69人が入院しています。重症の患者が5人、中等症が13人で、病床の占有率は15.5パーセントとなっています。重症者用は、20.8パーセントです。宿泊療養施設に入っているのは、19人で、5336人が自宅療養、または待機となっています。

四国の他県では、愛媛で553人、香川で530人、徳島で341人の感染が確認されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加