巨人のレフト・ポランコの好捕に野村弘樹氏「抜けたと思いましたけど...」

巨人のレフト・ポランコの好捕に野村弘樹氏「抜けたと思いましたけど...」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/08/05
No image

巨人のポランコ (C) Kyodo News

● ヤクルト 5 - 9 巨人 ○
<19回戦・神宮>

巨人のレフト・ポランコが素晴らしいポジショニングで好捕した。

2-1の2回二死満塁で、ヤクルト・塩見泰隆が放った左中間の打球は抜けたかと思われたが、左中間寄りに守っていたレフト・ポランコのポジショニングでアウトにした。

この守備に5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「ポランコというよりも、外野のポジショニングでしょうね。どう考えても、ポランコが普通に守っていたら捕れていないはずです。外野守備コーチのポジショニングでしょうね。抜けたと思いましたけど、あそこからポランコが出てくるとはね。捕っても丸だろうと思っていました。左中間といっても、バックスクリーンに近い左中間でしたからね」と驚いていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加