DeNA・石田が今季最短3回4失点KO 井端氏「修正できれば勝てる投手に...」

DeNA・石田が今季最短3回4失点KO 井端氏「修正できれば勝てる投手に...」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/06/23
No image

DeNA・石田健大

◆ カウント作るも“もったいない”展開

DeNAは前カードから3連勝ならず、対巨人3連戦の勝ち越しは第3戦にお預け。先発の石田健大が3回4失点でノックアウトされた。

1点を先制した直後、初回先頭の丸佳浩への四球から、ウォーカーの二塁打、内野ゴロで試合を振り出しに戻されると、4番・岡本和真にカウント3-2から投じたカットボールを左翼席に放り込まれ立ち上がりに3失点。再び同点とした3回には、イニング先頭の3番・吉川尚輝にカウント1-2で投じた6球目のカーブを右翼席に運ばれた。

今季最短の3回60球で降板となり、2本塁打を含む6安打4失点、1四球2三振の内容。失点につながる安打は全て2ストライクに追い込んでから痛打されるもったいない展開だった。

22日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の井端弘和さんは、「追い込むまでは非常に良かったんですけど、追い込んでから真ん中に集まってきて痛打されるというのが痛かった」と、石田の投球を振り返った。

続けて、「まだボールを投げられるところで最後甘くなるというのが多かったと思う。そこを修正できれば勝てる投手になれると思う」と話し、今後の巻き返しに期待を寄せた。

プロ8年目のシーズンを迎えている石田は、今季5試合(26回1/3)に登板し1勝1敗、防御率4.10の成績。新型コロナウイルス感染のため離脱していた影響もあり、今季初登板だった3月30日・中日戦での初勝利を最後に約3カ月もの間、白星から遠ざかっている。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加