最大5面のディスプレイを映せるARグラス。もうディスプレイいらない説ある? #CES2021

最大5面のディスプレイを映せるARグラス。もうディスプレイいらない説ある? #CES2021

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2021/01/12
No image

Image: Lenovo StoryHub

だんだんと進化が義肢めいてきてニッコリ。

CES2021にて、LenovoがARスマートグラス「ThinkReality A3」を発表しました。PCもしくはモトローラ製のスマホに繋げて使う有線のARグラスです。そう、有線。

「今の時代にスタンドアロンじゃないのぉ?」と思う気持ちもわからいでか。しかし「ThinkReality A3」は、デバイスに接続すると最大5つの仮想ディスプレイを表示し、作業効率を圧倒的に高めてくれるのです。いわばType-C一本で繋がるメガネ型マルチディスプレイ!

仮想ディスプレイの解像度は片目1080p(1920×1080px)。中央に8MPのRGBカメラ、左右それぞれに魚眼カメラを搭載し、オブジェクト、ジェスチャー、画像などを認識します。ヘッドトラッキングなどにも対応。

PCに接続して使う「PC Edition」と、モトローラスマホに繋げて使う「Industrial Edition」が用意されています。前者はデスクで使うマルチディスプレイとして、後者はスマホと繋げてポータブルに現場やチームでの使用を想定。後者の場合はほぼスタンドアロンなARグラスとして使えそうですね。

発売時期は2021年中頃。とはいえ産業向けかつ価格不明なので、個人や国内で使えるかは難しいところ。でも、メガネにディスプレイが表示できたら、デスクにディスプレイ置かなくてすむのでは? VRだと手元が見えにくくて作業しづらいけど、ARならそれも問題ないのでは?

この方向性、期待しかない。

Source:Lenovo StoryHubviaITmedia NEWS, YouTube(1,2

ヤマダユウス型

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加