西武高橋、来季の選手会長に就任 オフの課題は苦手な「あの技術」の向上

西武高橋、来季の選手会長に就任 オフの課題は苦手な「あの技術」の向上

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

西武は秋季練習最終日の25日、高橋光成投手(24)が来季の選手会長を務めると発表した。埼玉県所沢市のカーミニークフィールドでの円陣であいさつと手締めの初仕事。「不安はあるが、自分にできることを精いっぱい頑張りたい」と誓った。

初の開幕投手を務めた今季はチームトップの11勝。終盤に選手会長を今季まで務めた森から打診を受けた。「ちょっと無理かなと断っていたが、最近覚悟を決めた」。トークは決して得意ではないため「苦手なので練習します。オフの課題」と苦笑いを浮かべた。

近年は栗山、牧田(楽天戦力外)、炭谷(楽天)、増田、森が務めた大役。「チームを引っ張っていけるような選手にならないといけない自覚は芽生えた」。来季8年目のエースに、辻監督は「光成もそういう立場にあるわけだから。いつまでもお子ちゃまじゃいかん」と期待を込めた。

来季は名実ともにチームの顔となる。高橋は「自分の成績をどんどん上げて周りを引っ張っていけるような選手になりたい」。42年ぶりの最下位からの巻き返しを新選手会長が先導する。(小畑大悟)

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加