頭皮のニオイは日常のケアで防げる! 男の髪と頭を守る「正しいシャンプー」のススメ

頭皮のニオイは日常のケアで防げる! 男の髪と頭を守る「正しいシャンプー」のススメ

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2021/05/03

5月に入り、温かくなってきて、だんだん汗と匂いが気になる季節になってきた。

匂いを気にする人は、汗拭きシートやデオドラントスプレーなどを使って体のケアを行うが、頭皮までケアをする人は意外と少ないのではないだろうか?

自分の頭皮の臭いは気にならないのに、人の頭皮の臭いは気になるから難儀なものだ。

頭皮の臭いは主に皮脂の酸化が原因。皮脂の酸化は日々のストレスや紫外線を浴びることで促進される。これからの季節、皮脂が出やすくなって紫外線が増えるので、頭皮ケアや紫外線対策をしていないと臭いが悪化しやすくなるというわけだ。

というわけで、今回は臭いの気になる季節に向けて「正しい頭皮ケア」を紹介していく。枕が臭い! なんて悩んでいる男性諸氏にはぜひとも読んでいただきたい。

まずはシャンプーのやり方だが、ポイントはシャワーで予洗いを2~3分やること。髪を濡らしてすぐにシャンプーを塗布するのではなく、予洗いで先にしっかり油分を落とす。そうすると、シャンプーの泡立ちが良くなる。これをするしないでシャンプーの効果も段違いなので、お試しあれ。

予洗いが済んだら、次はシャンプー。シャンプー選びのコツとしては、あまり洗浄力の強いものは避けるべき。洗浄力が強すぎると、必要な皮脂まで落として乾燥してしまい、乾燥すると毛穴が詰まる。毛穴の詰まりも臭いのもとになってしまう。また、スースーするシャンプーなども頭皮への刺激が強いので、トラブルの元になりやすい。臭いが気になる人は、とにかく頭皮に優しいシャンプーを選ぶべし。

僕がオススメのシャンプーは「THREE フォー・メン ジェントリング シャンプー」(250mL )だ。値段は3850円(税込)と少々高く感じるかもしれないが、天然由来成分94%で、とにかく頭皮に優しい。

No image

また、弾力ある泡で髪のベタつき・臭いを洗い流す効果が期待できる。センシティブで荒れがちな男性の頭皮を考えたノンシリコンのシャンプーだ。見た目のカッコよさ、爽やかな香りもくせになる。

さて、シャンプーで泡立てた頭皮と髪をしっかり洗い流したらリンスへ移ろう。リンスやトリートメントを使って髪質を良くすることで、頭皮へのダメージが軽減され、抜け毛予防にも繋がる。

No image

ここで推薦したいのが「BOTNIST ボタニカル トリートメント スカルプクレンズ」(税込1540円)だ。これは頭皮に潤いを与え、健やかな髪と地肌へ導くトリートメントで、フケ・かゆみが気になる人、健やかで潤った地肌にしたい人、潤いのある清潔な頭皮にしたい人などに特におすすめできる。

シャンプーとトリートメントが済んだら、髪を乾かす前に必ずブラッシングをすること! 雑に乾かすと髪が絡んで抜け毛を誘発するので、乾かす前に必ず髪にブラシを通すことを習慣付けよう。

ブラッシングにおすすめなのが「etvos リラクシングマッサージブラシ」(税込1760円)。これは、シャンプー用ブラシとしてお風呂場でも使えるマッサージブラシだ。シャンプー時に使うと頭皮の汚れを浮かしながら、頭皮のコリをほぐし、血行を促進できる。

No image

おうちヘッドスパがこの値段でできると考えるとかなりお買い得だと思う。

最後に、頭皮のスペシャルケアとして美容液を紹介したい。「SHIRO ニームセラム」(税込7480円)だ。

No image

これは“頭皮のバロメーター”として使える頭皮専用の美容液。使った時の感触が、肌の状態に応じて変化する面白いアイテムだ。乾燥や肌ゆらぎ、肌荒れなどが原因で頭皮のコンディションが優れない時は少しピリピリするような刺激を感じ、頭皮のコンディションが優れる時はじんわり温かく感じる。

ニームリーフエキスと亜麻配合のセラムを頭皮全体になじませてマッサージすることで頭皮をやわらかくして、ハリ・コシのあるしなやかな髪を育てる効果が期待できる。美容師曰く、頭皮がやわらかくなることで、顔もパッと明るくすっきり見えるんだとか。

7000円オーバーの美容液に手を出すのが躊躇われる人には、日常使いに「柳家」のヘアトニックをプッシュしたい。60年以上愛されている古き良きアイテムで、価格も360mlで900円~1000円程度で購入できる。

No image

これを頭にふりかけて頭皮マッサージをするとセンブリや延命草など、植物由来の生薬成分が頭皮・頭髪を健やかに保ってくれる。保薬効成分が毛根に浸透することで、抜け毛を防いで発毛を促進してくれるのも、男性にはとても心強いだろう。

今回たくさんのヘアケアアイテムを紹介してきたが、髪に悩んでいなくても早いうちにヘアケアに取り組むことが大事だ。備えあれば憂いなし!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加