【仏・凱旋門賞】前哨戦を終え、人気上位3頭は牝馬 ラヴ・エネイブルの2強ムードにマジカルが続く

【仏・凱旋門賞】前哨戦を終え、人気上位3頭は牝馬 ラヴ・エネイブルの2強ムードにマジカルが続く

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/09/17
No image

凱旋門賞3勝目を狙うエネイブル(撮影:高橋正和)

10月4日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(3歳上・牡牝・G1・芝2400m)の主要な前哨戦が終了した。

現時点で英ブックメーカー『bet365』のオッズでは、英2冠牝馬のラヴ(牝3、愛・A.オブライエン厩舎)が1番人気。G1・11勝馬でレース3勝目を狙うエネイブル(牝6、英・J.ゴスデン厩舎)が続いている。

日本から出走予定のディアドラ(牝6、栗東・橋田満厩舎)は51.00のオッズとなっている。

『bet365』のオッズ(上位)は下記のとおり。

ラヴ 2.50
エネイブル 3.25
マジカル 11.00
ガイヤース 13.00
モーグル 15.00
タルナワ 15.00
ラービハー 17.00
ソットサス 21.00
ストラディバリウス 21.00
デアリングタクト 21.00
ロジシャン 26.00
ファンシーブルー 26.00
サーペンタイン 26.00
ペルシアンキング 26.00
インスウープ 26.00
ジャパン 34.00
グローリーヴェイズ 34.00
スラローム 34.00
テレキャスター 34.00
ロシアンエンペラー 34.00
スワーヴリチャード 34.00
バルティックゴールド 34.00

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加