“拷問”動画多すぎ!「深夜の飯テロ対策5選」ダイエット中のドカ食いを回避せよ

“拷問”動画多すぎ!「深夜の飯テロ対策5選」ダイエット中のドカ食いを回避せよ

  • コクハク
  • 更新日:2022/08/06

深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人にとって飯テロ動画は、拷問そのもの……。
今回は、誰でも簡単にチャレンジできる深夜の飯テロ対策をご紹介します。深夜に空腹に耐えられなくなったときは、ぜひ実践してみてくださいね。

今すぐに実践できる! 深夜の飯テロ対策5選!

No image

その不摂生、あとからくるぞ…(写真:iStock)

若い頃は多少食べ過ぎてもさほど影響がなかった人も、年齢を重ねるとともに増えた体重を戻すのが難しくなりますよね。とくに、ダイエット中は深夜の飯テロとどう戦うかが大事なポイントになるので、欲に負けないポイントをしっかり押さえておきましょう。

#ちむどんどん反省会は狙い通り?NHK朝ドラが反社の描写って

1. 見なかったことにして忘れる

SNSの飯テロ画像やテレビの食レポ番組は、こちらが望んでいなくても不意に出てくる厄介なもの。深夜にそんな飯テロに遭遇してしまったら、見なかったことにしましょう。

お腹が空いているときにそんな画像を見てしまったら、誘惑に負けてしまっても仕方がありません。とてもシンプルな方法ですが、もっとも効果的な方法ですよ。

2. 食べたイメージを膨らませる

ダイエット中の深夜に飯テロに遭遇してしまったら、その料理の匂いや味を想像して、食べたつもりになるのも深夜の飯テロ対策のひとつ。

慣れるまでコツが要りますが、この方法で空腹を解消できるようになれば、どんな飯テロに遭遇しても怖くなくなるでしょう。

3. カロリーオフの代用メニューを考える

No image

春雨スープにしときましょ♪(写真:iStock)

どうしても我慢できないときは、カロリーオフの代用メニューを考えて空腹を乗り越えましょう。

ラーメンを野菜スープにしたり、パルスイートなどのダイエット甘味料でスイーツを作ってみるなど、太りにくいメニューを少量食べると飯テロのつらさが和らぎます。

4. 憧れの芸能人やモデルの写真を見る

誘惑に負けそうになったら、憧れの芸能人やモデルの写真を見るのも効果的な飯テロ対策です。

「この人みたいになりたい!」という気持ちが強ければ強いほど、どんなにお腹が空いても食欲を我慢できるようになるでしょう。

5. 自分の全身を鏡に映してみる

No image

もうちょっと締めたい…と思っているなら?(写真:iStock)

自分の全身を鏡に映してみるのも、深夜の飯テロに効果的な対策です。このとき、できるだけ薄着の状態のほうが、現在のスタイルがわかりやすいのでおすすめ。

現実をしっかり受け止めて、今、食べてもいいのかどうかを自分で見極めましょう。

深夜の飯テロ対策の役立つルール

No image

情報と接触しないように(写真:iStock)

深夜の飯テロ対策は、ルールを決めておくとさらに効果的です。続いては、深夜の飯テロ対策に役立つルールをご紹介します。

21時以降は飯テロ動画を見ない

「21時以降に食べない」のは、ダイエットを成功に導くためのルールのひとつ。危険な時間に間違いをおかさないためにも、21時以降はできるだけ飯テロに遭遇しないことが大事となります。

「21時以降はSNSを見ないようにする」「テレビは事前に番組表をチェックしてから見る」を徹底して飯テロを避けましょう。

自分の理想体型を明確にする

自分の理想体型を明確にしておけば、目標を達成したい気持ちが強くなり、飯テロの誘惑に負けないようになります。

なんとなくの理想ではなく、「◯日までに◯キロ痩せる」「ウエストはマイナス◯センチ」など、具体的な目標を立てたほうが効果的です。

ダイエット中のストレスは上手に発散する

No image

息抜きしないと続かない(写真:iStock)

飯テロの誘惑に負けない気持ちは大事ですが、なにもかも我慢しているとストレスで逆効果になってしまう場合もあります。

頑張った自分にご褒美をあげる日を決めて、たまには好きな物を好きなだけ食べて、上手にストレスを発散しましょう。

深夜につらくなったら“飯テロ対策”を試してみて!

No image

たまにはこんな夜もある(写真:iStock)

深夜の飯テロは、こちらが望んでいなくても不意に訪れる魔物のようなもの。ダイエット中に深夜の飯テロでつらくなったら、ぜひ今回ご紹介した飯テロ対策を試してみてくださいね!

(キレイ情報ラボ/ライター女子部)

キレイ情報ラボ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加