【日本代表】前半は「ボール非保持」でアメリカを粉砕! 「プラン通りのカウンター」を連発...ただし、「相手のミス頻発」も考慮して評価すべき

【日本代表】前半は「ボール非保持」でアメリカを粉砕! 「プラン通りのカウンター」を連発...ただし、「相手のミス頻発」も考慮して評価すべき

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2022/09/24
No image

アメリカ戦で追加点を決めた日本代表の三笘薫 撮影:中地拓也

日本代表は9月23日のキリンチャレンジカップ2022、アメリカ戦で2-0の勝利。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた大事な試合で白星を挙げた。
この試合の前半で見えたボール非保持とカウンターは、本番でも発揮されるか。

関連:サッカー日本代表がアメリカ代表に2―0で勝利 鎌田大地と三笘薫のゴールでW杯出場国を下す

■非保持で流れをつかむ

日本はこれまでの4-3-3から4-2-3-1にシステムを変更。守備時は4-4-2のプレッシングを実行した。

すると、最近の森保ジャパンでは珍しく、ボール非保持の局面からゲームの流れをつかむ。指揮官のプランニング通り、最初の45分は前線で何度かいい形で奪って決定機をつくっていた。

CH2枚に入った遠藤航守田英正は強度の高い寄せで前を向かせないようにし、きっちりと中盤でボールを回収。奪ったと同時に鎌田大地につけて速攻を開始する。そこから久保建英との連携や前田大然の裏抜けなどでアメリカゴールに迫っていった。24分には伊東純也がパスカットして持ち運んでから久保に預け、最後は鎌田がゴールを奪い、綺麗なカウンターで先制点を奪取している。

また、ボール保持の場面で日本は、伊東を意図的にハーフスペースに配置。前線で奪われた瞬間のゲーゲンプレッシングの人口密度を高めて、素早く“逆カウンター”を発動する狙いがあったのかもしれない。

結局、ボール非保持から入ってカウンターで仕留めるというプランがしっかりハマり、前半は1-0で終了。後半には途中出場した三笘薫のゴールで追加点を挙げて、2-0で勝利している。

■どこまでが自分たちの力でつくったチャンスだったのか

ただ、前半に何度か敵陣で奪うことができた要因には、相手のミスの多さも関係している。アメリカのビルドアップ隊はパスミスを繰り返し、何度も日本にボールを献上。こちらのプレッシングがハマっているにも関わらず、愚直にショートパスでのビルドアップを続けてくれたおかげで、最初の45分をモノにできた。

もちろん前田のプレッシングの強度やCH2人のボール奪取能力などがあってこその前半だったが、アメリカのミスありきでチャンスをつくれていたことは念頭に置いておく必要があるだろう。

いま一番読まれている記事を読む

サッカー批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加