「3時のヒロイン・福田麻貴が1年前に洩らしていたホンネ」お笑い評論家・ラリー遠田氏が“容姿イジリ”を擁護する理由

「3時のヒロイン・福田麻貴が1年前に洩らしていたホンネ」お笑い評論家・ラリー遠田氏が“容姿イジリ”を擁護する理由

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/05/02

《アンケート結果発表》お笑い芸人の「容姿ネタ」を見たいですか 65%の答えは……?から続く

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

芸人の「容姿ネタ」で笑えるか否か――。4月20日から26日までの7日間、「文春オンライン」上で「お笑い芸人の『容姿ネタ』見たいですか? 見たくないですか?」という緊急アンケートを行ったところ、回答者のうち65.5%が「あまり見たくない」「絶対に見たくない」と容姿ネタに否定的な意見を寄せた。

このアンケート結果をお笑い業界に詳しい専門家たちはどう見るのか。

「おかしな言い方になるかもしれませんが、こうやって容姿ネタの是非が叫ばれている状況は、芸人にとってはある意味で喜ばしいことでもあるのではないでしょうか。自分たちがフィクションとしてやっていることが、観客の目にはリアルに映っているということですから」

こう指摘するのは「お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで」(光文社新書)や『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)やなどの著書があるお笑い評論家・ラリー遠田氏だ。アンケート結果をもとにラリー氏に「容姿ネタ」論争への私見を聞いた。

◆◆◆

炎上より怖いのは観客が笑わないこと

――容姿ネタへの風当たりが強くなっている現状について、お笑い評論家としてどう見ていますか。

ラリー遠田氏(以下、ラリー)  今回のアンケートのように「容姿ネタを見たいですか」と単純に聞かれたら、「見たくない」と答える人が多いのは当然だと思います。それぞれの人が、自分にとって不愉快に感じられた容姿ネタを思い浮かべてしまうはずですから。

――今回は、3時のヒロインの福田麻貴さんが、容姿ネタを“封印”すると宣言したことをきっかけに議論が白熱しました。

No image

3時のヒロイン 左からゆめっち、福田麻貴、かなで Ⓒ吉本興業公式サイトより

ラリー 1年ほど前に福田さんに直接インタビューする機会があったのですが、その頃から容姿ネタについてはいろいろ考えていらっしゃる様子でした。3時のヒロインではかなでさんのぽっちゃり体型をネタにすることもありましたが、福田さんとしては、かなでさんは太っていることを武器にしてお笑いをやっていて、そのことに自信を持っているから、時代に合っていないわけではないと思う、と語っていました。今回、3時のヒロインが“封印”という選択をしたことの背景には、相当な葛藤があったのではないかと思います。

――これまで容姿ネタを武器にしてきた芸人の中でも、悩みを抱えている人は多いのでしょうか。

ラリー 悩んでいるかどうかはわかりませんが、芸人全員が意識はしていると思います。容姿や差別ネタで炎上してしまうケースも増えているし、「容姿ネタは笑えない」という風潮も出てきました。芸人にとって、炎上より怖いのは自分たちのネタで観客が笑わなくなることだと思います。

どれかと言われれば「見たい」を選ぶ

――あくまで「笑ってもらえるか」が容姿ネタを続けるかどうかの基準になっているんですね。

ラリー お笑いとアートの決定的な違いは「これが自分たちのやり方だから、好きな人だけ見てください」というのが通用するかどうかということ。アートはそれでも成立するかもしれませんが、お笑いは目の前の人が笑ってくれるかどうかが全てなんです。ある芸人が「自分たちは誰に何と言われようと容姿ネタをやり続けていくんだ」と決めたとしても、お客さんに笑ってもらえなければ、それは芸として成立しているとは言えません。最終目的がお客さんの反応にあるわけですから、お客さんがどう感じるかを気にするのは当然です。

――1人の観客として、ラリーさんが容姿ネタについてのアンケートに答えるとしたら「A.見たい」を選びますか?

ラリー どれかと言われれば「A.見たい」を選ぶと思います。

――理由を聞かせてください。

ラリー そもそも「容姿ネタ」の定義もはっきりしていませんが、人を傷つけない容姿ネタも存在するでしょう。人を傷つけることが悪いのであって、容姿ネタ全般が悪いとは思いません。だから、見たいか見たくないかと言われれば、面白いものならば見たいと答えます。私は、お笑いという営みは自由であるべきだし、余分な制約は少ない方がいいと思います。人を傷つけないためにお笑いをルールでがんじがらめにしてしまったら、安全にはなるかもしれませんが、健全ではなくなってしまうでしょう。

――安全なお笑い、健全なお笑いの違いは何でしょう?

ラリー アメリカでは、黒人のスタンダップコメディアンが、自分自身が差別された経験などを笑いのネタにすることがあります。黒人差別は深刻な社会問題であり、それをネタにされること自体を不愉快に感じる人もいるかもしれません。しかし、そこで「黒人差別に関するネタは禁止」というルールができてしまったら、そのことで傷つく人は減るかもしれませんが、黒人差別についてカジュアルに語れる機会もなくなってしまいます。それよりも、深刻な問題でも笑いを交えて自由に語れる方が、風通しの良い健全な社会だと言えるのではないでしょうか。

「容姿ネタが不快」は誉め言葉?

――それは、容姿ネタについても同じだということでしょうか。

ラリー 本質的には同じだと思います。現実には容姿で人が差別されるようなことがあるのに、お笑いのネタの中では一切それが存在しないかのように振る舞わなければいけないのだとすれば、その方が不自然だし不健全でしょう。

たとえば、渡辺直美さんは今でこそ多様性のアイコン的な存在になりましたが、彼女は自分が太っていることを武器にして、ポジティブな形でネタにし続けてきた人でもあります。体重自体はデビュー当時から40キロ近く増えていますが、その体型を馬鹿にされないような地位を築いたわけです。

――むしろ積極的に容姿に触れていくことで突き抜けるということですね。

ラリー アインシュタインの稲田直樹さんの顔を初めて見た人の中には「顔のことに触れていいのかな……」と不安になる人もいるかもしれません。その意味では、芸人仲間が稲田さんの容姿をネタにしてイジるのは、見る側のモヤモヤを解消しているという側面もあるのです。

――ただアンケートでは、そのイジりを不快に思う人が多いことが表れた結果になりました。

ラリー  感性なので個人差はあると思いますが、容姿ネタだから不快に感じるというよりも、笑えなかったから結果的に不快に感じる、という人が多いのではないでしょうか。よくできた容姿ネタを見た場合、多くの人はそれが容姿ネタであることを意識せずに笑っているのではないかと思います。

それに、変な言い方ですが、芸人にとって「容姿ネタが不快」と言われるのってある意味では褒め言葉だと思うんですよ。

対象年齢で区切る方法は進んでいる

――どういうことでしょう?

ラリー ホラー映画を見て、あまりの怖さに夜中にトイレに行けなくなるっていう現象があるじゃないですか。それはフィクションとして作られた作品があまりにもリアルだからですよね。ホラー映画の監督がその話を聞いたら「そんなに怖がってもらえるなんて嬉しいなあ」と感じるのではないでしょうか。芸人もそれに近いところがあって「フィクションとしてやっている『イジり』を、そんなにもリアルに受け取ってくれるんですね」というふうに思っている側面もあると思うんですよね。

――漫才はもちろん、フリートークに見えても芸人の言葉はすべて作り物、フィクションであるということでしょうか。

ラリー 芸人がテレビや舞台で演じている容姿ネタというのは、一般人が普段言っている悪口とは全く別物で、緻密に組み立てられたフィクションのやり取りなのです。でも、プロの芸人たちは、そんな笑いの裏の部分についてわざわざ表立って言うことはありません。マジシャンが自分からマジックの種明かしをしないのと同じで、芸人が「ネタなので本気にしないでくださいね」と言うことは基本的にありません。そんなことを言った瞬間にお客さんは興ざめしてしまいますから。だから、私のような部外者が、芸人の代わりにあえてこういう無粋なことを言っているという部分もあるわけです。余計なおせっかいだとは思いますが。

――アンケートでは、子供はお笑いがフィクションであることがわからず真似をしてしまうので禁止してほしいという声もありました。「性描写や暴力描写と同じようにR18指定にすれば良い」とする意見がありましたがどう思いますか?

ラリー お笑いの対象年齢を区切るという手法はすでに行われています。例えば、Amazon Prime Videoの『ドキュメンタル』は「PG12(12歳以下は保護者の助言や指導が必要である)」指定がされています。ネット配信のコンテンツでは、見たくない人が見なくていい環境づくりは進んでいます。

観客は何も考えなくていい

――ラリーさんから見て、容姿ネタはまだ「テレビで放送できないお笑い」には含まれていないということですね。

ラリー 容姿ネタがテレビから消えるのか、劇場でもやらなくなるのかは、観客や視聴者のリアルな反応の結果として自然に決まってくるものだと思います。ただ、お笑いネタのあり方について考えるのは芸人やメディア側の仕事です。見ている側は何も考えずに、笑えるものは笑って、笑えないものは笑わなければいい。もちろん不快だと感じたものは「不快だ」と声を上げればいいんです。芸人は観客の反応を誰よりも気にしていますから、客席の空気に合わせてネタも自然と変わっていくはずです。芸人はただ「ウケたい」と思っているだけで、自分からモラルを逸脱したいと思っているわけではないですから。

お笑いは芸人と観客のコミュニケーションです。見たくない人が多いネタが消えていくのは自然なことですが、容姿ネタ全般が問答無用で許されないと言われてしまうのは、個人的にはちょっと息苦しいなと思います。

「ブスを無駄にするな」ぼる塾・あんりが吉本養成所で教えられたコト お笑いライター・鈴木旭が語る芸人の“落とし穴”へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

「文春オンライン」特集班

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加