松田聖子に中森明菜、矢沢永吉、安全地帯...大物アーティストの『紅白』サプライズ出場の可能性は?

松田聖子に中森明菜、矢沢永吉、安全地帯...大物アーティストの『紅白』サプライズ出場の可能性は?

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2022/11/25
No image

今年の大みそかに放送される『第73回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が11月16日に発表された。

氷川きよしの特別枠での登場もあったが、演歌枠の減少の一方、ジャニーズは6組と相変わらず多く、初登場組を筆頭に若年層を意識したラインナップが目立つ今年の『紅白』。白組にはボーイズグループが計8組、NiziUやJO1を含めた“韓国系”は5組といった顔ぶれに加え、いまひとつ需要の見えない工藤静香や篠原涼子の久々の出場といった人選には疑問の声が多く上がり、Twitterで「#紅白見ない」がトレンド入りするなど波紋を広げた。

「将来的な受信料確保に対する危機感もあり、近年は若い視聴者を開拓しようと“フレッシュ”なラインナップに力を入れている『紅白』。それでも、昨年に史上最低視聴率を更新してしまっただけに、今年は年配視聴者層を意識して演歌枠を復活させたり、80年代アイドルを登場させるなどの“原点回帰”が期待されていました。ところが蓋を開けてみれば、例年以上に若い視聴者層を意識した顔ぶれということで、落胆した視聴者も多かったのでしょう」(スポーツ紙の芸能担当記者)

このままでは昨年に続く史上最低視聴率更新の可能性もあるが、NHK局内からもこんな声が出ているという。

「今年はNHK党が参院選で存在感を放ったり、『文藝春秋』に掲載されたNHKの職員有志による『前田会長よ、NHKを壊すな』と題したレポート記事の中で前田晃伸会長が『紅白』を打ち切りにする方向で進めているといった内容が掲載され、ネット上に賛同する意見があふれるなど、NHKや『紅白』に対する世間の逆風は激しさを増していますからね。何とか“サプライズ演出”で下馬評を覆してほしいところです」(NHK局員)

『紅白』といえば、事前に発表のない大物アーティストのサプライズ出演が恒例となっている。

今年も出場が取り沙汰されていながら、16日の出場歌手発表では名前がなかった松田聖子や中森明菜、矢沢永吉、安全地帯などの登場を期待する声は多い。

『紅白』の制作統括である加藤英明氏も、出場歌手発表の記者会見の場で、「特定のアーティストについてのコメントは差し控えたいですが、発表されていないアーティストについても引き続き交渉していく可能性はあります」と含みを持たせたが、現状はどうなっているのだろうか。

「今年デビュー50周年の矢沢永吉さん、40周年の安全地帯に関しては、交渉はかなりうまくいっているようです。安全地帯のボーカル・玉置浩二さんは気分屋でこだわりの強いタイプではありますが、同じく演出にはこだわりの強い加藤さんが直接交渉にあたって意気投合し、かなりの手ごたえをつかんでいるそうです」(大手レコード会社スタッフ)

他方、中森明菜の出場についてはかなり難しい状況という。

「今年8月に新事務所を設立した明菜さんに関しては、体調面の不安に加えて、ファンクラブの運営権を始め、権利関係の引き続きがうまくいっていないといった、前事務所とのゴタゴタが聞こえてきており、“お家騒動”はいまだに収束の兆しを見せていません。そもそもNHKサイドとの窓口はずっと前事務所のK氏が務めていましたし、NHKともパイプがある芸能界の実力者がそのK氏の後ろ盾となっていましたからね。番組サイドとしては出演交渉の窓口すら定まっていなのではないでしょうか」

また、昨年は出場を予定していたが愛娘の神田沙也加の急逝を受けて辞退した松田聖子に関しても交渉が難航しているようだ。

「聞くところによると、演出をめぐって、制作サイドと聖子さんの間で意見に食い違いがあるようです。加藤さんは音楽番組『SONGS』の制作統括も担当していて、聖子さんがデビュー40周年を迎えた昨年には同番組の『松田聖子スペシャル』も手掛けていただけに相性は悪くないはずですが……。聖子さんの意に沿わないような演出プランでも提案したのかもしれません」(前出のレコード会社スタッフ)

現状はなかなかに厳しいようだが、大物投入のサプライズ連発で起死回生の逆転劇で、NHKは晴れやかな年越しを迎えられるだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加