首位川崎Fが頂上決戦2連勝!! 勝ち点9差に広げ独走態勢...2位名古屋は猛追及ばず

首位川崎Fが頂上決戦2連勝!! 勝ち点9差に広げ独走態勢...2位名古屋は猛追及ばず

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/05/04
No image

[5.4 J1第12節 川崎F3-2名古屋 等々力]

J1第12節が4日に行われ、川崎フロンターレがホームで名古屋グランパスと対戦し、3-2で勝利した。首位川崎Fは首位攻防戦で2連勝を飾り、開幕14戦無敗。勝ち点を38に伸ばして2位名古屋と9ポイント差に広げ、独走態勢に入った。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程変更による変則日程で、天王山のホーム&アウェーが行われ、川崎Fは4月29日の“第1ラウンド”に4-0で勝利。中4日で同じスターティングイレブンが並んだ川崎Fに対して、名古屋は4人を変更。4-1-2-3にシステムを変更し、DF中谷進之介、DF成瀬竣平、MF長澤和輝、FW前田直輝がスタメン入り。マッシモ・フィッカデンティ監督不在の中、引き続きブルーノ・コンカコーチが指揮を執った。[スタメン&布陣はコチラ]

試合が動いたのは前半31分だった。左コーナーキックの場面でMF田中碧が右足でインスイングのクロスを供給。DF丸山祐市の頭上を越えたボールをファーサイドのDFジェジエウが頭で叩き付け、先制のネットを揺らした。

1-0で前半を折り返すと、後半立ち上がりに次の一点を奪った。後半5分、DF登里享平からパスを受けたFW三笘薫は対峙した成瀬を振り切って縦にドリブル突破。PA左から折り返すと、DF山根視来がダイレクトで押し込んだ。

名古屋は後半14分に痛恨のミス。三笘がプレスをかけると、丸山がGKランゲラックにバックパスを出したが、連携ミスでそのまま無人のゴールに吸い込まれ、オウンゴール。川崎Fが3-0と勝利を決定付けた。

名古屋は続々と交代カードを切り、4-4-2にシステムを変更。古巣戦のFW齋藤学がドリブルで持ち上がってチャンスを広げると、後半28分、右サイドでFWマテウスを追い越したDF森下龍矢がパスを受けてPA右から折り返し、MF稲垣祥が右足ダイレクトで押し込んだ。

名古屋は意地を見せ、後半38分にはスーパーゴールが飛び出した。PA右からマテウスが左足でFKを蹴り込むと、回転をかけたボールは急速に落下し、左ポストに当たって鮮やかにネットを揺らした。終盤にかけて盛り返したが、名古屋の反撃は及ばず。2-3で敗れ、天王山で連敗を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2021シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加