トランプ氏、SNSに「21日に逮捕される」と投稿 信ぴょう性不明

トランプ氏、SNSに「21日に逮捕される」と投稿 信ぴょう性不明

  • 毎日新聞
  • 更新日:2023/03/20
No image

ステージに登壇したトランプ前米大統領=米中西部アイオワ州で2023年3月13日、ロイター

米国のトランプ前大統領は18日、自身のソーシャルメディアに「(次期大統領選の)最有力の共和党候補である前大統領が、来週の火曜日(21日)に逮捕されるだろう」と投稿した。ニューヨーク・マンハッタン地区の検察当局からの「違法な情報漏れ」が根拠だとしているが、具体的な事件には言及していない。信ぴょう性は不明だが、トランプ氏は「抗議せよ。我々の国家を取り戻せ」と呼びかけており、混乱が起きる恐れがある。

トランプ氏、FBに2年2カ月ぶり投稿 「戻ってきたぞ!」

米メディアによると、マンハッタン地区の大陪審は、トランプ氏の元顧問弁護士が2016年大統領選の前にトランプ氏との性的関係を公表しようとしたポルノ女優に13万ドル(約1700万円)の口止め料を支払った疑惑を巡って、トランプ氏に違法行為がなかったかどうか調べている。米メディアは、大陪審が近く、トランプ氏の起訴の可否を判断する可能性があると報じている。

トランプ氏を巡っては、20年大統領選の結果を覆そうとした疑惑や公文書を私邸に持ち出した疑惑など、複数の案件で捜査が進められている。法律上は、起訴されても大統領選への出馬は可能だとみられている。【ワシントン秋山信一】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加