ほとばしる近未来感...! トンネルを疾走する仙台市地下鉄がSFみたいでかっこいい

ほとばしる近未来感...! トンネルを疾走する仙台市地下鉄がSFみたいでかっこいい

  • Jタウンネット
  • 更新日:2020/10/18

仙台駅(宮城県仙台市)を中心に十字型の線路が伸びる仙台市地下鉄。

その駅のホームから撮影された、地下鉄の写真が「カッコいい」と、ツイッターで注目を集めている。

さっそく投稿をご覧いただこう。

仙台の大動脈である地下鉄。
こんなにカッコいいんだよ。 pic.twitter.com/XFuX1ohwZk
— YUITO (@YUITO750)
October 12, 2020
from Twitter

こちらはツイッターユーザーのYUITO(@YUITO750)さんによる2020年10月12日の投稿。走行中の地下鉄を捉えた4枚の写真。地下鉄南北線広瀬通駅と南北線・東西線それぞれの仙台駅ホームで撮影したそうだ。

正面から勢いよくコチラへ車両が向かってくるシーンだろうか。あるいは、通り過ぎて行った後の後ろ姿かもしれない。穴を覗き込んだようなトンネルの狭さが、電車の迫力をより強めている。

また円形の壁に反射する光もクール。それぞれの色が感情を表しているようだ。

No image

仙台市地下鉄、仙台駅ホームからの光景(YUITOさん撮影)

このツイートには、こんな反応が。

「幻想的ですね。まるで未来に繋がってるかのような...」「トンネルの先に銀河が広がってそう」「本当カッコいいですね!こんな地下鉄の写真初めて見ました」「スペースマウンテンかと思いました」

幻想的な光景に感動するTwitterユーザーが多い中、アトラクションのようだという声もあった。

No image

地下鉄南北線広瀬通駅ホームからの光景(YUITOさん撮影)

普段よく利用する地下鉄でも、この瞬間を、この視点からまじまじと見ることは、そうそうない。貴重な作品ではないだろうか。(ライター:Met)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加