菅田将暉論──真空の孤独を生きる。菅田将暉の独自性は呼吸法にあり。

菅田将暉論──真空の孤独を生きる。菅田将暉の独自性は呼吸法にあり。

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2021/06/11
No image

有村架純とW主演を務めた『花束みたいな恋をした』、小松菜奈と共に平成元年生まれの青年に扮した『糸』、寺山修司の長編小説を2部作で実写映画化した『あゝ、荒野』など、菅田将暉の近年の主演作をざっと振り返っただけでも唯一無二の存在であることがわかる。

そして、彼の最新主演作『キャラクター』が2021年6月11日に封切られた。テレビドラマでも数々の話題作で主演を務める菅田将暉は、なぜそこまで俳優として重宝されるのか。

ライターの相田冬二は、「菅田は、キャラクター固有の呼吸によって、私たちを吸引する。心地よく罠に落とす」という。俳優の奥底にある魅力に迫る連載「告白的男優論」の第3回、菅田将暉論をお届けする。

【関連】『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健論──雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう

圧倒的であり、決定的な存在

菅田将暉、無双。
実力と人気が凄まじいデッドヒートを繰り広げ、刺し違えんばかりに拮抗している様ひとつを取ってみても、この6文字は決して大げさではないだろう。

真の実力者が、そのポテンシャルに見合った支持を獲得することは、こと芸術の世界ではなかなか起こり得ない。なぜなら、芸術は、スポーツのように勝ち負けがクリアに可視化(数値化)されるわけではないからだ。

菅田将暉は圧倒的であり、決定的な存在である。そのぶっちぎりの美徳を列挙していったら、キリがない。

ピュアネスと狂気。カジュアルにしてクラシック。明るさと暗さ。大胆にしてきめ細やか。主役としての牽引力と脇を固める的確さ。完全なオス性と女性の相手役としての柔軟性。屹立とボーダレス。

相反する要素をざっくり混ぜ合わせ、ざざっと炒めて、冷めないうちに「喰らわせてしまう」カウンターキッチンの主のような辣腕と余裕が、観る者を虜にする。

美味いものは、美味い。
そう呟かずにはいられないほど、菅田将暉がもたらす「演技現象」は、明快で痛快だ。

映画『キャラクター』予告

ひとり超然と、スタアとしてそこにいる

セリフ回しには、「菅田生まれ」とでも形容すべき独自のドメスティックな響きがある。己の声の特性を熟知している点は大きい。方言とも、きれいな日本語とも一線を画した、彼だけの「現代性」が、オーディエンスに親近感を抱かせる。

そして、ここが重要な点だが、その効果=影響は、けっして先鋭的ではなく、むしろ古典的。言ってみれば、スタア性がある。だから、新しい。

アヴァンギャルドな個性を際立たせ、差異を拠りどころにアーティスト然としている演じ手は山のようにいる。むしろ、21世紀においてはそちらがスタンダードだ。

菅田将暉は、「菅田将暉」という唯一無二の「地域性」を生きながら、差異におもねることをしない。汎用性があり、なおかつ、表現の感触がフレンドリーだ。だから、スタアたり得ている。

誰もがトリックスターを目指しているときに、菅田将暉はひとり超然と、スタアとしてそこにいる。

青山真治監督の『共喰い』から土井裕泰監督の『花束みたいな恋をした』に至る彼のフィルモグラフィを俯瞰するならば、菅田が作家性を有した監督たちに起用されてきた事実が浮かび上がる。菅田は、作家映画にメジャー性を与える。逆も真なり。メジャーなエンタテインメントに登場しても、その作品に作家性を付与するのだ。

作家映画の極北『溺れるナイフ』と、エンタテインメントの極北『帝一の國』それぞれを、同時期に乗りこなしてしまう才能。それが菅田将暉である。

「狂わない」という凄み

No image

『キャラクター』で菅田将暉と相対するのはSEKAI NO OWARIのFukase

最新作『キャラクター』では、実在の殺人鬼と遭遇し、彼をモデルに執筆した作品によってブレイクし、驚愕の運命を迎えることになる漫画家を演じる。

彼をアシスタントとして起用していたベテラン漫画家は、劇中で主人公を次のように評する。

「あいつは、いい奴だろ。だから、悪人が描けない。いくら画がうまくても、デビューできないのは、そういうことだよ」

クリエイションの世界で「いい奴」とは、凡庸を意味する。つまり、普通。つまらない普通人だ。

画力はある。漫画への愛情もある。漫画家になりたいという熱意も努力も欠けてはいない。しかし、その先がない。そんな人物を菅田将暉は体現している。

ダウナーな無個性ぶりは、たとえば『二重生活』における陰鬱さ、あるいは『生きてるだけで、愛。』での受動態などを想起させもするが、まったく違う。人間として、もっともっとゼロ地点に向かっている。

設定こそクレイジーだが、菅田の役が『ディストラクション・ベイビーズ』や『タロウのバカ』のような暴発を引き起こすわけではない。むしろ、「狂わない」という凄みがある。

No image

物語冒頭、菅田将暉が演じる漫画家志望の山城は“悪”を描けず苦労する

菅田将暉が創り出した「もうひとつの世界」

『キャラクター』では、菅田将暉の独自の呼吸法が際立つ。

俳優によって、表現のアプローチは違う。ある者は首をほんの少し傾けることで、ある者は鼓動を遅らせることで、ある者は静止することで、その演じ手にしか派生し得ぬ特殊な領域に誘い込む。

菅田の場合は、呼吸のありようによって、人物の特性を露わにすることが、『キャラクター』を見ているとよくわかる。

No image

呼吸によって歩行も決定づけられている。息、に従って、身体全体が移動していく。考えてみれば、私たちもまた日常をそのように生きているのだが、そのことをスクリーンで目撃=実感することはなかなかない。菅田は、キャラクター固有の呼吸によって、私たちを吸引する。心地よく罠に落とす。

『キャラクター』の主人公は、彼の妻に何度も、「少し休んで。しかも、何も食べてないじゃないの」と心配される。確かに、劇中で彼が何かを食べていた記憶はない。いや、食べていないどころか、息さえしていなかったのではないか。そのような印象がある。この印象は、観客の心象に、ある傷を残す。

No image

山城を支えるパートナー夏美を演じるのは高畑充希

あるスケッチが、物語の導火線になるが、夜間の屋外で棒立ちになりながら、一軒家をスケッチしている漫画家の姿からは、彼が息を止めて、一心不乱に対象を凝視し、精密に、細密に、描写していることが伝わってくる。つまり、彼の精神は、魂は、そのとき「真空状態」と化している。菅田は、そのありようを無言で表現するばかりでなく、そのあとの流転する物語の内部においても、妻や、刑事、そして、肝心の殺人鬼と対話するときでさえ、ほぼ呼吸を感じさせない「封印」する芝居によって、人物の孤独を顕在化させる。

もちろん、実際には息をしているだろう。しかし、呼吸を感じさせない、静かなる抑止が、この人物の余韻となる。

動乱に満ちた映画の中で、菅田将暉はひとり呼吸を止めて、「もうひとつの世界」を創り出している。

初登場時からラストカットまで。菅田将暉流の「真空の孤独」が、淡々と持続している。

No image

相田冬二

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加