“業師”宇良 珍手に場内どよめき!居反り不発も後ろもたれ「思惑通りでは...」

“業師”宇良 珍手に場内どよめき!居反り不発も後ろもたれ「思惑通りでは...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/24

◇大相撲11月場所14日目(2020年11月21日 両国国技館)

No image

東龍(右)を後ろもたれで破る宇良(撮影・郡司 修)

16場所ぶりに十両へ復帰した宇良が珍手「後ろもたれ」で業師ぶりを発揮し、場内にどよめきを起こした。

低い姿勢で東龍の左脇に頭をねじ込み、相手の左腕を右で抱え、左下手をつかんだ。そこから沈み込んで狙った大技「居反り」は不発も、背中で圧力をかけて土俵外へ出した。「体が動いて良かった。自分の思惑通りではなくて。稽古で(後ろもたれを)磨いてきたわけでもないので、誇れるものではないです」。

十両で直近は今年春場所2日目に英乃海がこの決まり手で若隆景に勝っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加