『ポケカ』イラストコンテスト日米で同時開催 テーマは「ポケモンの日常」

『ポケカ』イラストコンテスト日米で同時開催 テーマは「ポケモンの日常」

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2021/09/17
No image

トレーディングカードゲーム(TCG)『ポケモンカードゲーム』(通称・ポケカ)のイラストコンテスト「Pokémon Trading Card Game イラストレーションコンテスト 2022」が日米で同時開催される。

【画像をもっと見る】

テーマは「ポケモンの日常(生活)」。応募者は、ピカチュウ・リザードン・フシギダネ・ウィンディ・ウッウなど8種類のポケモンから1匹を選び、ポケモンの過ごす毎日、くらし、冒険、個々のポケモンらしい日常が感じられる1枚を描く。

総合最優秀作品賞の1名は賞金5,000ドルと受賞作品がポケモンカード化され、贈呈される。

応募期間は、10月14日(木)(日本時間12時)から、2022年1月31日(月)(日本時間23時59まで)となっている。

No image

画像は「Pokémon TCG イラストレーションコンテスト 2022」公式サイトから

テーマ「ポケモンの日常(生活)」が受賞の鍵

2019年に幕を開けた「ポケモンカードゲーム イラストグランプリ」は名前を変え、「Pokémon Trading Card Game イラストレーションコンテスト 2022」として開催される。

本コンテストは総合最優秀作品賞に加え、日本・米国最優秀作品賞の各1名は賞金3,000ドルと受賞作品がポケモンカード化され贈呈、優秀作品賞2名は賞金1,000ドル、審査員賞15名は賞金500ドルを手にできる。

成人年齢に達していれば、国籍不問でプロ・アマ問わず応募可能。また日米同時開催ということで、成人年齢は住まいの国・州の法律に基づいた年齢など、細かい注意点についても記されている(外部リンク)。

審査員には、ポケモン社の社長・石原恒和さんをはじめ、クリーチャーズ社の社長や開発プロデューサーたち、ポケモンカードゲーム公認イラストレーター・斉藤コーキさん、こみやトモカズさん、江川あきらさんなど、『ポケモンカードゲーム』の第一人者たちが勢ぞろい。

審査基準も公開されおり、テーマ「ポケモンの日常(生活)」に沿った作品が受賞の鍵となりそうだ。

テーマに沿った内容で描かれている(40%)創造性と独創性(30%)技術力、芸術的構成と全体的なデザイン性(30%)審査するイラストは、コンテスト応募規約に記載されている応募条件に沿った適切なコンテンツでなければならない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加