口の中で野菜がとける「春野菜スープ」を作るコツ

口の中で野菜がとける「春野菜スープ」を作るコツ

  • 東洋経済オンライン
  • 更新日:2022/05/14
No image

生ハムを使うことで、昆布出汁のような淡いおいしさを出した春野菜のスープ(同書より)

カブは皮をつけたまま調理するとジューシーに仕上がる、アスパラガスをゆでる際の塩分は2%がいいなど、試作を繰り返すことでロジカルにおいしさを追求する料理家・樋口直哉さん。今回は新刊『もっとおいしく作れたら』から一部抜粋、この季節に食べたくなる、本当においしいうま味たっぷり春野菜のスープを紹介します。

先日、知人がヴィーガン料理の本を出した。ヴィーガン(Vegan)とは「Vegetarian」(菜食主義者=ベジタリアン)の最初の3文字と終わりの2文字をつなげた言葉で、日本語では「完全菜食主義」と訳される。その料理は乳製品を含む動物性食材、ハチミツやゼラチンなども使わない、というもので、厳格な主義者は食事だけではなく、あらゆる目的において動物性のものを使用しない。

一方、この十年あまりで増えているのはそこまで厳格ではなく、時々ヴィーガン食を選択するフレキシ・ヴィーガンという考え方。その背景にあるのは環境意識の高まりである。

野菜主体の日本料理は環境にやさしい

例えば、トウモロコシで飼育された牛肉などの赤身肉の生産は、環境への負荷が高いことがわかってきた。反対に地元で育った野菜は負荷が低い。そういうことであれば普段の食事でも肉を減らし、植物性の食品を中心に組み立てるというのは自然の流れ。ヴィーガンは栄養不足のリスクがあるが、たまになら身体にもいいだろう、というわけだ。

ヴィーガンほど極端ではなくても、日々の食事において動物性の食材を摂りすぎないように、そして身近で採れる新鮮な野菜を多く使うことは人にも環境にもやさしい、ということに多くの人が気づいたわけだが、考えてみれば、もともと日本の料理は野菜が主体で、淡白な野菜に鰹節や昆布、しょう油や味噌といったうま味を含む食材を組み合わせることで、満足感を出している。

No image

なぜ、このような料理法が生まれたのか。それはおそらく日本では動物性タンパク質の摂取が難しかったからだろう。

肉類の代わりにうま味を含ませた野菜、例えば大根はいわばバーチャルな肉だ。昔の人たちはそれを食することで満足感を得ていたのではないか。動物性の食材を減らすのが世界の潮流だが、日本の料理はそれを先駆けていたともいえる。

この春野菜のスープはその考え方にならい、少量の生ハムで味を補っている。実は生ハムのうま味成分は肉類に含まれるイノシン酸ではなく、日本人にも馴染み深いグルタミン酸。ベーコンではなく生ハムを使うことで、昆布出汁のような淡いおいしさが出る。

春野菜、生ハム、バター、水をすべて鍋に入れ、強火で煮る。ふたをした状態で煮ることで、油脂分が乳化し、味にコクが出て、まろやかになる。野菜の甘味、生ハムのうま味、そしてバターのコクと香りが混ざりあったところにこの料理のおいしさがある。

野菜を小さく切るのもポイント。

そうすると食べるとき、ひとさじで数種類の野菜とスープがすくえるので、口の中に複雑な風味が生まれる。野菜は歯ごたえが残っていてもいいし、やわらかくてもいい。もっと味が欲しいという方は顆粒のコンソメを足してもいいが、水で仕上げればすっきりした味になる。

トマトを加えると「夏が待ち遠しい」味に

さらになにかを加えるならトマトだろうか。トマトは夏の野菜と思われているが、一番おいしいのは春。トマトは煮崩れるとスープが濁ってしまうので、例えば半割にしたミニトマトを仕上げに加える形がいいだろう。

トマトを加えるとスープに少しの酸味が加わり、やがてやってくる夏が待ち遠しい味になる。

No image

日本人の口に合ううま味たっぷり春野菜のスープ(同書より)

日本人の口に合ううま味たっぷり春野菜のスープ

■材料(2人分)
ニンジン 小1本
小カブ 2個
カリフラワー 1/4個
ラディッシュ 2個
ヤングコーン 2本
スナップえんどう 4本
生ハム 2〜4枚(40g)
バター 50g
水 400mℓ
塩 小さじ1/4

■つくり方
1 ニンジンは皮をむき、縦4等分にした後、斜めに包丁を入れ、一口大に切る。小カブは皮をむき、6等分にする。カリフラワーは小房に切っておく。ラディッシュは葉つきのまま半割、ヤングコーンは一口大に切る。スナップえんどうは筋を取る。
2 ふたができる鍋に1の野菜、生ハム、バター、水、塩を入れてふたをして強火にかける。ふたの隙間から蒸気が出てきたら弱火に落とし、そのまま5分煮る。
3 火を止めてふたを開け、塩味を確認する。薄ければ分量外の塩を足し、器に盛り付ける。

(樋口 直哉:作家・料理家)

樋口 直哉

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加