芦田愛菜&宮本信子、10年ぶり共演は “58歳差の親友”役

芦田愛菜&宮本信子、10年ぶり共演は “58歳差の親友”役

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

女優の芦田愛菜(17)と宮本信子(76)が、映画「メタモルフォーゼの縁側」で約10年ぶりに共演し、“58歳差の親友”を演じる。

鶴谷香央理氏の同名漫画を実写化。芦田は、人付き合いが苦手でBL(ボーイズラブ)漫画を読むことが楽しみな17歳の女子高生・佐山うららを演じる。宮本は、夫に先立たれ孤独に暮らす75歳のおばあちゃん・市野井雪役で、キレイな表紙に引かれて“ジャケ買い”した漫画がBLだったことをきっかけに、その魅力にハマる。BL好きでつながった二人の友情が描かれる。

映画「阪急電車〜片道15分の奇跡〜」以来約10年ぶりの共演となり、芦田は「一緒にお芝居をさせていただいて、うららの気持ちをスッと引き出していただいたような気がします」とコメント。宮本は「愛菜さんとは10年前、おばあさんと孫として共演しました。あの頃は私の手の中に小さな手がスッポリ入ったんです」と当時を懐かしみ、「今回の共演はうれしく楽しみにしておりました」と再会を喜んだ。

来年初夏公開予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加