【高校野球】大阪桐蔭Vに導いた主砲・松尾汐恩 「発展途上」にいる背番号2に芽生えていた自覚

【高校野球】大阪桐蔭Vに導いた主砲・松尾汐恩 「発展途上」にいる背番号2に芽生えていた自覚

  • THE ANSWER
  • 更新日:2021/11/26
No image

本塁打を放ち、笑顔で浮かべる大阪桐蔭の松尾汐恩【写真:中戸川知世】

明治神宮野球大会高校の部決勝

第52回明治神宮野球大会(神宮)は25日、高校の部決勝で大阪桐蔭(大阪)が広陵(広島)に11-7で勝利を収め、18年ぶり2度目の決勝で初優勝を飾った。来秋ドラフト候補の3番・松尾汐恩捕手(2年)の2本塁打を含む18安打の猛攻。春夏の甲子園、国体に続く4大大会制覇を果たした。広陵は初の決勝で準優勝に終わった。

大阪桐蔭打線の中でひと際輝きを放った。4-0の4回1死一、二塁。松尾が強振した。秋晴れの神宮に高々と舞い上がった打球は、左翼フェンス越えの3ラン。9-6の7回2死には痛烈なライナーで左翼席に突き刺した。2打席連発の高校通算17号ソロ。「大阪桐蔭の優勝がなかったので、自分らが優勝してやるという気持ちで戦った」。左前打、中堅左への二塁打を含む“サイクル超え”の6打数4安打4打点。優勝の瞬間は真っ先にマウンドへ駆け寄り、歓喜の輪を作った。

捕手になったのは高校から。前チームでもマスクを任されていたものの、3年生に頼る立場だった。昨夏の甲子園は2回戦で近江(滋賀)に敗戦。「自分以外、去年はメンバー外。どの大会も自分が引っ張っていくつもりだった」。自覚が芽生え、攻守ともに一回りレベルアップ。西谷浩一監督は「周りを見えるようになった」と成長を口にした。

しかし、この日は5投手をリードして15安打7失点。諦めない広陵打線の勢いを封じ込めることはできなかった。同監督は「厳しい言い方だが、まだついてこられていない部分もある。発展途上。もう少し仕込んでいきたい」と手厳しい。現役時代は捕手だった指揮官から徹底指導を受ける冬になりそうだ。

春夏通算8度の優勝を誇る大阪桐蔭だが、明治神宮大会は初優勝。強力打線を引っ張る背番号2は「守備の力は全然ない。打撃もまだまだ課題がある。春では一つのミスで負けてしまうので、見つめ直してやっていきたい」と気合を入れた。昨春センバツは初戦敗退。根尾昂(現中日)、藤原恭大(現ロッテ)を擁し、春夏連覇を達成した2018年以来の優勝へ。「TOIN」の主砲が冬の成長を誓った。(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

THE ANSWER編集部・浜田 洋平

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加