中日浜田達郎が戦力外、12月育成契約へ コンディション不良での契約解除

中日浜田達郎が戦力外、12月育成契約へ コンディション不良での契約解除

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

中日浜田達郎(2020年8月15日撮影)

中日は浜田達郎投手(27)に24日に来季支配下選手契約を結ばないと通知したと25日、発表した。コンディション不良による契約解除で自由契約選手として公示された後、12月に育成契約を結ぶ見込み。

浜田は愛工大名電時代は花巻東・大谷(エンゼルス)、大阪桐蔭・藤浪(阪神)と並ぶ高校ビッグ3と称された。12年ドラフト2位で中日に入団し、14年に5勝を挙げたが、左肘の手術や血行障害など故障が重なり、17年から育成契約。19年オフから支配下復帰し1軍復帰登板も果たした。今年の春季キャンプの投球練習で右足首を痛め靱帯(じんたい)縫合術を受けリハビリを続けてきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加