TOKIO城島茂、桝太一アナのヨイショにニマッ!「1歳児パパ社長」の決意!!

TOKIO城島茂、桝太一アナのヨイショにニマッ!「1歳児パパ社長」の決意!!

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/02/22
No image

城島茂(TOKIO)

2月21日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!(鉄腕ダッシュ)』(日本テレビ系)。この日の放送では「DASH海岸 ~真冬のDASH海岸スペシャル!~」と題した企画が行われ、TOKIO城島茂(50)や日本テレビの桝太一アナウンサー(39)ら一行は房総半島の先端、千葉県の相浜港へ向かった。

関連:長瀬智也、ドラマで「AD病院送り」報道にジャニーズよりTBS大激怒のワケ!

「港から船を出して、釣りを行ったのですが、そこで出世魚であるイナダが釣り上げられたんです。船上で桝アナは、出世に掛けて城島に、“リーダー(城島)、これ以上どう出世を?”“社長ですよね?”と話しかけたんです」(テレビ誌ライター)

城島は、松岡昌宏(44)、国分太一(46)と株式会社TOKIOを設立。4月からジャニーズ事務所本体から移籍し、TOKIOの社長を務めることが発表されている。

「桝アナの話に城島は“そうですよね、今年ね”と反応。マスクをしていたので表情こそわからないものの、目と声から、笑っているのがわかり、少し照れも入っていたように見えました。桝アナの突然のヨイショに戸惑いつつも、内心は嬉しかったのではないでしょうか」(前同)

■深夜時代の番組振り返りしみじみ

釣りから3日後、城島や桝アナは料理人のもとを訪れてイナダの調理に取り掛かった。

「城島は、イナダを炭火焼きにしている最中、いきなり“『鉄腕ダッシュ』、最初始まったときの深夜、唐辛子風呂入ったり、冷凍車入ったりしてましたけど、こんな幸せな番組に変わったんだなあ”と、1998年4月に現在の日曜ゴールデンに進出する前の『鉄腕ダッシュ』をしみじみと振り返っていました」(前出のテレビ誌ライター)

毎週木曜日夜11時25分からの30分番組として、1995年11月に始まった『鉄腕ダッシュ』。同番組の25年以上続けてきたTOKIOは、この4月から大きく変わる。城島、松岡、国分の株式会社TOKIOに移り、長瀬智也(42)はジャニーズ事務所を退所し、裏方に回ることが発表されている。

「ジャニーズ事務所の公式サイトを通じて、株式会社TOKIOの立ち上げを発表したときは、“グループと個人の仕事を今まで以上に自由度高く、新しい仕事に積極的に挑んでいきます”との一文がありました。つまり、3人になったTOKIOは、タレント活動だけでなく、ビジネスも行っていくといいます。すでに複数メディアで企画を担当する国分が、福島の木を切って名刺を作るアイデアを公開していましたし、今後新たな動きが見えてきそうです」(女性誌記者)

■プライベートでの変化も報告され……

2018年5月、山口達也(49)が不祥事でグループを離れ、そして今春、長瀬もいなくなり、会社も変わるTOKIO。さらにリーダーの城島には、プライベートでも変化があった。

「子どもが1歳になったんですよね。城島は、2019年9月に元グラビアアイドルの菊池梨沙(25)と結婚。昨年2月には第1子男児が誕生したのですが、今年2月17日、菊池がインスタグラムで子どもが1歳を迎えたことを報告したんです」(前出の女性誌記者)

城島は、長男の誕生をジャニーズ事務所を通じて発表した際、「これから一家の大黒柱として、今まで以上に頑張っていきたいと思います」とのコメントを寄せている。

「ジャニーズ事務所本体から、株式会社TOKIOへの移籍まで2か月を切りました。城島さんは間近に迫る環境の大きな変化から、ふと、これまでの『鉄腕ダッシュ』の変遷を振り返り、若手芸人がするような過激企画からファミリー層に向けた温かいゴールデンの番組へと成長した『鉄腕ダッシュ』の今に、感動したのかもしれませんね。

また、まだ幼い愛息を思い、新生TOKIOと、グループの看板番組である『鉄腕ダッシュ』を頑張っていこうという気持ちにもなっているのではないでしょうか。長男が成人するとき、城島さんは69歳。体に気をつけて、まだまだバリバリ働かないといけないですね」(ワイドショー関係者)

リーダーには今後も、TOKIOの中心として頑張ってほしい!

いま一番読まれている記事を読む

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加