華原朋美、のべ20年所属の事務所と8月末で契約解除 双方合意、レコード会社との契約も終了

華原朋美、のべ20年所属の事務所と8月末で契約解除 双方合意、レコード会社との契約も終了

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/09/15
No image

華原朋美(C)ORICON NewS inc.

歌手の華原朋美(46)が、所属していたプロダクション尾木との契約を双方合意の上で8月末をもって解除していたことが、14日までにわかった。同日、所属事務所がマスコミ関係者に対し書面を発表した。

【写真】ママの顔…出産後初公で11曲を熱唱した華原朋美

事務所は「華原朋美 専属契約解除のご報告」と題した書面で、「突然のことで誠に恐縮でございますが、弊社所属の華原朋美の専属契約解除のご報告をさせて頂きます」と説明。「この度1999年~2007年、2012年~2020年と足掛け20年、弊社所属でありました『華原朋美』との契約を、本人からの申し入れもあり、8月31日をもって双方合意の上、解約致しましたことをご報告致します」と伝えた。

また「公式ファンクラブに関しましては改めてサイト内でご報告致します。また所属レコード会社のユニバーサルミュージックとの契約も終了致しました」としている。

公式ファンクラブのサイトでは15日、「華原朋美の株式会社プロダクション尾木の退社に伴い、オフィシャルファンクラブのすべてのサービスの提供を終了させていただくこととなりました。サービス終了時期などの詳細は、後日ファンクラブサイト内でお知らせ致します」と発表した。

華原は1995年、「keep yourself alive」でデビュー。小室哲哉氏のプロデュースで「I BELIEVE」「I’m proud」などミリオンヒットを連発し、その年の日本レコード大賞など新人賞を総ナメ。96年からの3年連続を含め、紅白歌合戦にも5度出場した。

小室氏とはプライベートでも親密交際に発展したが、破局が伝えられた99年5月に芸能活動を休止。度重なる騒動を経て2000年に再び休養。07年には所属事務所から契約解除され、12年12月に復帰するまで5年の歳月を要した。19年8月、外資系企業勤務の一般男性との間に第1子となる男児を出産した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加