純真無垢、ピュアすぎる現役女子大生・志田音々がバカレシピに挑戦「一緒につくって、"ねねまる三昧"してください!」

純真無垢、ピュアすぎる現役女子大生・志田音々がバカレシピに挑戦「一緒につくって、"ねねまる三昧"してください!」

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2021/01/14
No image

ピュアの天然記念物"ねねまる"こと志田音々(しだ・ねね)が、『週刊プレイボーイ』公式YouTubeチャンネルの番組「バカレシピ!作ってみた!!」に出演した。

「バカレシピ」とは、『週刊プレイボーイ』で連載中のコラム「B級フード研究家・野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所」で紹介している、B級フードを使った「見た目はアウトだけど、味は完全保証!」のおバカ料理のこと。この動画「作ってみた」では、さまざまな女性タレントがバカレシピに挑戦していく。

はたして志田は、上手に料理できたのか? 収録直後、感想を聞いてみた。

――お疲れ様でした! あれ、モジモジしてどうしちゃったんですか?

志田 カメラの前で料理をすることが初めてだったので、普段は緊張しないタイプなのにとっても緊張しちゃいました......。

――アタフタしている志田さんめちゃくちゃかわいかったですよ! それに料理は大成功でしたよね?

志田 はい。今回『タコタコライス』というたこ焼きとタコライスを使ったレシピに挑戦したのですが、考案者の野島さんがおっしゃっているとおり、簡単においしくつくることができました。ご飯と一緒にスナック菓子を食べたこともなかったので、そこも斬新でしたね。点数をつけるなら95点の出来栄えです!

――惜しくも100点に届かなかったのはなぜですか?

志田 トマトがうまく切れなかったのでマイナス5点にしました。事前に母から「斜めに構えて切る」って教わっていたので姿勢はバッチリだったのですが、切り方を教わるのを忘れていました(笑)。お家でも料理はするけど、包丁を使わないことが多くて。

――包丁を使わず、料理ですか!?

志田 得意料理のユッケジャンスープも、つくるときはハンド&ハサミです(笑)。野菜は手でちぎっちゃいますし、お肉はハサミを使います。

――たしかにその手がありましたね。

志田 バカレシピも包丁を使わないレシピ多いですよね? 試したいレシピが他にもあるので、どんどんチャレンジして得意料理を増やしていきたいです。

――チャレンジと言えば、先日撮影した週プレのグラビアでチャレンジしたことがあるとか?

志田 あっ、そうなんです! 普段、私のグラビアは笑っている写真が多いんですよ。でも今回、せっかく1月期の週プレnetで特集してもらうなら違う一面も見せたいなと思って、「しっとり」としたオトナな表情にチャレンジしました。

――チャレンジ、成功ですか?

志田 それは見てからのお楽しみです。スタッフさんには褒めていただけたので期待してもらって大丈夫だと思いますが、自分ではセクシーっていうよりも、変な顔の瞬間を撮ったいわゆる「事故写真」って感覚です(笑)。

――「しっとり」なのに「事故写真」!?  想像がつきません。

志田 ヘヘヘ。がんばったので分からないかもしれませんが、暴風に耐えている姿とかもあります(笑)。たくさん撮っていただいたので、いろんな私を楽しんでもらえると思います。ぜひYouTube動画を見ながら一緒にタコタコライスをつくって、それを食べながら週プレnetを見る、そんな"ねねまる三昧"にしてほしいです!

■志田音々(Nene SHIDA)
1998年7月15日生まれ 埼玉県出身
身長167㎝ 血液型=O型
○成城大学在学中。公式Instagram【@shida_nene0715】公式Twitter【@nenemaru0715】

取材・文/金髪りさ

【画像】志田音々さんの「事故写真」グラビア!?

取材・文/金髪りさ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加