【浦和】5試合連続の引き分け 「直接FKのゴラッソ」はVARで取り消しで「3試合無得点」

【浦和】5試合連続の引き分け 「直接FKのゴラッソ」はVARで取り消しで「3試合無得点」

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2022/05/15
No image

チャンスをものにできずうなだれる浦和レッズのキャスパー・ユンカー 撮影:中地拓也

■5月13日/明治安田生命J1第13節浦和レッズ0ー0サンフレッチェ広島(埼玉)

関連:【J1プレビュー】3位の柏が狙うは「さらなる高み」!浦和はおよそ1か月ぶりのリーグ戦で「苦手な3バック」を克服できるか?【柏レイソルVS浦和レッズ】

浦和レッズがサンフレッチェ広島と埼玉スタジアムで対戦するもスコアレスドロー。これで引き分けは5試合連続、スコアレスドローは3試合連続となった。激しい雨の中で応援を続けたサポーターからは試合後、大きなブーイングが突き付けられた。

14分、浦和が3試合ぶりの得点を得たかに思われた。ゴール左で得た直接FKのチャンス。キッカー馬渡和彰がゴール前に送ったボールは、相手GKの前でワンバウンドしながらゴールイン。ネットを揺らすと同時に、得点を渇望していたサポーターのボルテージが最高潮に達した。馬渡の元に他の選手も走り寄り、馬渡は何度もガッツポーズ。リカルド・ロドリゲス監督とも喜びを分かち合うなど、幸先のいい試合になったと誰もが思った。

しかし直後、FKがゴールに入る寸前にオフサイドポジションにいたDF岩波拓也がプレーに影響を与えたというVARチェックが入った。主審はオンフィールドレビューを行ったうえで、このゴールを取り消し。直接FKが取り消しとなる、異例のノーゴール判定となった。

最大の得点チャンスを逃した浦和は、徐々に広島に押し込まれていく。それでも守備陣がしっかりと堅守を維持。指揮官が「この試合は非常に堅い試合で、難しい試合になった」「プレーの強度が疲労とともに落ちてしまって、コントロールをして握ることが少し難しくなった」と振り返る展開だった

■リカルド・ロドリゲス監督「何が足りていないのか」

ACL6試合で20得点を奪いながら、その後のJリーグではまだ得点がない。アレックス・シャルクがチームに慣れ、キャスパー・ユンカー江坂任が途中から出る豪華なベンチワークを生かすこともできなかった。

現在の勝ち点は12で、順位は13位。本来目指すべきポジションにいる鹿島アントラーズは勝ち点25で、すでに13の差がついている。

「試合に勝つために何が足りていないのかを考えている」
リカルド・ロドリゲス監督は試合後にこう振り絞るのがやっとだった。

いま一番読まれている記事を読む

サッカー批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加