軟式globe・パークマンサー、上戸彩&HIRO夫妻との意外なつながりに「すげぇ!!」の声

軟式globe・パークマンサー、上戸彩&HIRO夫妻との意外なつながりに「すげぇ!!」の声

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2020/11/23
No image

軟式globe・パークマンサー、上戸彩&HIRO夫妻との意外なつながりに「すげぇ!!」の声

ネプチューンの名倉潤、次長課長の河本準一らがMCを務める『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)が11月19日に放送。初代KOIKEとパークマンサーが結成したグループ・軟式globeが登場した。

【無料動画】TVerで『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』期間限定で配信中!

V6の番組『学校へ行こう!』(TBS系)の人気企画「B-RAP HIGH SCHOOL」に出演していた軟式globe。globeの楽曲をパロディし「そうだよ。アホだよ~」のフレーズで一躍脚光を浴びた。

この活動をする前は、普通のダンサーだったというパーク。師匠が元EXILE HIROの弟分であり、パーク自身もHIROのスクールに通っていたことから「LDHの立ち上げからいた」と回顧する。そんな彼は、当時、中学2年生の上戸彩にダンスを教えていた一人。上戸が所属していたアイドルグループの振付を師匠が担当していたため、アシスタントとしてついていた。その後、“パークマンサー”として『学校へ行こう!』に出演した際には、上戸から「何やっているんですか?」と書かれた手紙をもらったとのこと。のちに上戸とHIROは結婚したが、当時は何も知らなかったという。

そんな彼だが、番組に参加する前はカッコいいダンスをして、さまざまなオーディションに挑んでいた。しかし、なかなか受からない。そこで“面白ダンス”に方向性を変えたときに「B-RAP HIGH SCHOOL」のオーディションの話が舞い込んだ。マネージャーからの進言もあり、グループで受けることに。当時バックダンサーをしていた初代KOIKEを、ほぼ何も伝えずに連れて行き、合格した。

番組でブレイク後、小室哲哉さんとKEIKOさんの結婚式にも乱入。幼いころから安室奈美恵さんのファンだった初代KOIKEは、その会場で安室さんを目撃。「(初めて)番組に出て良かったと思いました」と笑わせた。

ほかにも男女YouTuberのパパラピーズ(じんじん、タナカガ)が登場。じんじんは先日、浜辺美波とのデートをTwitterにアップして話題を誘った。タナカガは「浜辺ちゃんのファンにめっちゃ嫉妬されていました。“この横のデブは誰やねん!”って」と語る。浜辺との出会いはSNSで、じんじんが彼女のTwitterをフォローしていると、浜辺がフォロー返し。メッセージでやりとりして仲良くなった。じんじんは「僕の恋愛対象が男性なので、それも分かったうえでのこと。男女のやり取りというよりは女同士の付き合い」と語った。

ネット上では、パークの経歴について「上戸彩さんにダンスを教えてたパークさんすげぇ!!!」「パークさんめっちゃイケメンや!!!!」「とりあえず受け答えしっかりしすぎてて全然アホじゃないいい人なの伝わってきた」「楽しかった!! 本当今も昔も笑える」といった声があった。

次回は11月26日に放送。90年代を席巻したアーティストが集結する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加