“捨て色問題”も一気に解決? トレンドの単色アイシャドウにチャレンジ

“捨て色問題”も一気に解決? トレンドの単色アイシャドウにチャレンジ

  • ウートピ
  • 更新日:2022/11/25
No image

こんにちは、アラフィフ作家のにらさわあきこです。

別人級のメイクテクを持つ二十歳の女子大生、姪のキョウカからノウハウを盗む(まなぶ)このコラム。

今回ははやりの単色アイシャドウの使い方を学ぼうとしたのですが、キョウカに教わっているうちに、単色に見えたアイシャドウが実は単色でなかったと判明。しかしキョウカのテクにより、仕上がりが単色アイシャドウに見えてカッコいいうえ、デカ目を実現していて「結果オーライだった」ので、ご紹介します。

単色では締まらない?

このところ世の中では、アイシャドウの「単色使い」と言いますか、一色をビビットに見せるアイメイクがはやっていますよね。はやっているというよりも、もはや定着しているのかも?

それを見ていて思うのは、「私もやってみたい」ということ。

たとえばブラウン系のキラキラしたアイシャドウをニュアンスでグラデーションさせてみたり、朱色寄りの赤系アイシャドウをビビッドにマブタの上下にのせてかわいらしく見せたりしたい! が、できない……。

私の場合、単色使いにすると、うすぼんやりとした目元になってしまうのか、締まらないのです。挑戦するたびに決まらないので、最終的には他の色を足して、結局、いつもの無難メイクになるというのが現状です。

どうしたら、かわいい単色アイシャドウメイクができるのか。
悶々としていたある日、実現している顔が目に入りました。キョウカです。

たくさん塗っているのに濃く見えないのはなぜ?

キョウカのビフォー・アフターを見ればわかっていただけると思うのですが(イラストですが。笑)、アイメイクに関しては相当な実力です。オバ目線で言うと、アフターの目は本人の「本当の目」の2倍強!

No image

それを実現させているのが、目の2倍以上の広いゾーンに塗るアイシャドウだと思われます。アイシャドウの色やアイメイクは、もちろん、日によって違うのですが、印象的なのが、単色の時。かなり広範囲に塗っているのに、違和感がなく、すてきなのです。

そこで、キョウカのメイク途中をじっと見つめてテクを盗もうとしたところ、アイシャドウを塗った段階で、「そんなに塗って、大丈夫?」と見ているこちらがドキドキするほど広く濃く塗っていることが判明。

しかし、ハラハラしたのもつかの間。

仕上がりを見ると、「結構普通」と言いますか、濃い感じもしないのです。

そこで、「秘密を教えてよ」とアイシャドウの使い方について聞くと、「部分的に、同系色の濃い色を足している」というのです。しかも、「あと、ラメも使ってる。キョウカは、今ラメがマイブームだから、4種類のラメを位置によって、使い分けているんだよ」

……なんと!

ラメとは恐れ入りました。しかも、まさか4種類も入れていたとは! 思いもよりませんでした。

No image

キョウカはそもそも「アイシャドウを丁寧にグラデーションする」という基本作業も行っているようで、結果として、広い範囲に塗りながらも単調にならず、濃さも違和感がないという状態になっているのでした。

つまり、ここまでをまとめると――。

キョウカは単色アイシャドウメイクの濃淡を、「グラデーションを効かせて作ろうとしているだけでなく(=基本)」、「同系色の濃い色を重ねて錯覚を起こさせて(=工夫1)」、さらに「4種類ものラメを使い分けて光加減を調整(=工夫2)」していたのです。

「……巨匠や!」と思いました。

さすがは毎日2時間をメイクに費やして(実話!)、暇さえあればメイク動画を視聴しているだけのことはあります。

単色アイシャドウ風のポイント

では、キョウカの単色“風”アイシャドウメイクのポイントをおさらいしていきましょう。

【ポイント①⇒とにかく広範囲に塗る】

No image

【ポイント②⇒同系色の濃い色を目尻に塗って締める】

No image

【ポイント③⇒同系色のラメ入りアイシャドウをラメの大きさ別に多種類使う】

No image

今回のハウツーに純粋な「単色アイシャドウメイク」を期待した方、すみません!

キョウカのアイシャドウメイク、実際はしっかり多色使いでした……。

が、そこには大きな学びがありました。

つまり、単色アイシャドウを美しく見せる秘けつはグラデーションなのだろうけど、グラデーションをうまく作れない場合に、同系色の色を塗り足したり、ラメでグラデーション風にするのは有効だろうということです。アイシャドウのパレットを買っても「使いきれない」ことが多いのですが、キョウカのやり方なら捨て色を減らしてアイシャドウを活用できるかも?!

次回は、キョウカの単色アイシャドウ”風”メイクの具体的なハウツーと、プロに聞く簡単なハウツーをご紹介していきますね。(→つづく)

●自己紹介

No image

キョウカ
二十歳の女子大生で、にらさわの姪。専攻はメディア論だが、専門の勉強以上にメイクに時間と情熱を注いでいる。欲望にフタをしないタイプで、別人級のメイクを実現する。

No image

にらさわあきこ
文筆家、時に美容研究家。美肌と美ボディ作りを追求していて、普段はノーメイク。著書は、『未婚当然時代』(ポプラ新書)、『婚活難民』(光文社)ほか多数。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加