フィギュア 北京五輪テスト大会で鍵山優真、佐藤駿がワンツー発進 男子SP

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/17

「フィギュアスケート・アジアンオープントロフィー」(14日、北京)

22年北京五輪本番会場で、テスト大会を兼ねて実施された。男子ショートプログラム(SP)は鍵山優真(18)=オリエンタルバイオ=が首位発進。佐藤駿(17)=フジ・コーポレーション=が2位につけた。

鍵山はSP「ウェン・ユア・スマイリング」を演じ、97・80点。冒頭の4回転サルコーなど、全てのジャンプで大きな減点はなかった。1日の関東選手権では、4回転サルコーで着氷が乱れ94・51点だった。

佐藤はSPで四季の「夏」を披露し、90・77点をマークした。冒頭の4回転ルッツでやや減点があった。

男子フリーは15日に行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加