【巨人】亀井コーチ連夜の“神指示”!左翼ポランコを中堅よりに移動させ走者一掃の逆転打阻止

【巨人】亀井コーチ連夜の“神指示”!左翼ポランコを中堅よりに移動させ走者一掃の逆転打阻止

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

巨人亀井外野守備兼走塁コーチ。右は中田(2022年8月4日撮影)

<ヤクルト5-9巨人>◇5日◇神宮

コーチ1年目の巨人亀井善行外野守備兼走塁コーチ(40)が、連夜のファインプレーで連勝に導いた。2回に1点差に迫られ、なお2死満塁の大ピンチで“神指示”でチームを救った。ヤクルト塩見の打球は左中間を襲った。抜けていれば長打コースで走者一掃の逆転打が確実だったが、中堅よりにポジションをとっていた左翼手ポランコが間一髪で捕球した。

ポランコは「全て亀井コーチのおかげです。本来だったら左中間のど真ん中を抜ける球だったんですけど、亀井さんのポジショニングの指示で移動していたので、全て亀井さんのおかげです」とファインプレーの全容を明かした。

直前の2回1死二、三塁の場面では阿部作戦兼ディフェンスチーフコーチがマウンドに向かった。今季はここまでは山口投手コーチか桑田投手チーフコーチが役割を担ったが、この場面は阿部コーチがベンチを飛び出した。マウンドの輪で先発堀田、内野手陣に指示を出すと、今度は原監督が打者長岡への申告敬遠を告げた。結果的にこの回は1点でしのぎ、リードを守ったことが勝因につながった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加