鎌倉ライオンズクラブ 渡邊 郡司会長〈鎌倉市〉

鎌倉ライオンズクラブ 渡邊 郡司会長〈鎌倉市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/08/06

38歳で入会し、今年で24年目。会長を務めるのは今回で3度目と経験は豊富だが、クラブ恒例の献血活動や盲導犬のための募金活動など、ウィズコロナの中での開催には、「対策や新たな取り組みが必要」と語る。

昨年は、感染症対策を徹底し、「鎌倉ライオンズ旗争奪少年野球リーグ」を実施した。「大会が次々と中止になる中での開催。選手や関係者からも非常に喜ばれたが、日々の体温・体調チェックなど、皆さんの協力があったからこそ」と振り返り、今年も期待に応えるべく大会の準備を進めている。

会員数の減少が課題だが、解散した近隣地区のクラブから会員が移籍するなど、クラブ内に新たな風も吹き込み始めた。現在、正会員13人、賛助会員は6人。「明るく楽しく奉仕活動をすることでさらなる入会につなげたい」と話す。

No image

タウンニュース鎌倉版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加