尾野真千子、注目子役・柴崎楓雅の演技に「怖かったよ...」受け答えは120点

尾野真千子、注目子役・柴崎楓雅の演技に「怖かったよ...」受け答えは120点

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/05/05
No image

映画『明日の食卓』(5月28日公開)の完成報告会が行われ、菅野美穂、高畑充希、尾野真千子、柴崎楓雅(子役)、外川燎(子役)、阿久津慶人(子役)、瀬々敬久監督が登場した。

菅野美穂、子育ての苦労熱弁「こんなにすごいことをしてるのに…」ボンドで机真っ白の育児話も

同作は椰月美智子による同名小説を実写化した、瀬々敬久監督の最新作。同じ「石橋ユウ」という名をもつ息子の3人の母親たちの物語となり、元フリーライターでやんちゃ盛りの息子2人を育てながら仕事復帰を目指す留美子(菅野美穂)、大阪でシングルマザーとして非正規の仕事を掛け持ち、時間に追われながらも息子のために健気に生きる加奈(高畑充希)、年下の夫と優等生の息子に囲まれ一見何不自由なく幸せを手に入れているあすみ(尾野真千子)の姿が描かれる。

『テセウスの船』などでも注目されている柴崎は「2面性がある役で毎日難しい撮影の連続だったんですけど、初めて尾野さんとお会いした日が劇中のスチール撮影で、お父さん役の大東(駿介)さんと3人でバーベキューや釣りの撮影の合間に、トランプなど全力で遊んでくださったことがすごく嬉しくて。尾野さんと大東のことがすごく大好きになり、毎日現場がすごく楽しくて最後まで撮影を乗り切ることができました」と感謝する。

この言葉に、尾野は「100点」と絶賛し、「 本当に、子供なのに大人以上の大人なんですよね」としみじみ。「普段もこの子から喋りかけてくれて、お芝居でも『はい、わかりました、やります』と。どこからそのパワーが出てくるのか、見習ないといけない感じがしました」とすごさを語る。

また、柴崎が「予告で流れている『僕はいい子じゃない、お母さんもいいお母さんじゃない。全部ゲームなんだよ』という台詞は、実は台本にはなくて。そのシーンの段取りの時に監督が付け加えてくださったんですけど、緊張感のある撮影の中で、尾野さんが『私について来て』と言ってくださったのですごく心強かったし、自然に芝居ができたんじゃないかなと思います」とエピソードを披露すると、尾野は「120点あげよう」と点数アップ。尾野が「いやあ、すごいんですよ、変化が。こんな小さな体でどんどん変わろう変わろうとなっていって、もう私も恐怖だと思ってしまうぐらい。どんどん変わっていく柴崎くんを見て、なんか怖かったよ」と話しかけると、柴崎は「すいません」と謝罪する。尾野は「それぐらい、本当に役の気持ちにさせてくれたのでありがたかったです」と感謝していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加