アプリリア、新型スポーツネイキッド『トゥオーノ660』を発表

アプリリア、新型スポーツネイキッド『トゥオーノ660』を発表

  • レスポンス
  • 更新日:2021/01/12
No image

アプリリア トゥオーノ660

もっと画像を見る
アプリリアは4サイクル2気筒エンジンを搭載する新型スポーツネイキッド『トゥオーノ660』をウェブサイトで公開した。

トゥオーノ660は、新型スポーツバイク『RS660』をベースとするネイキッドスポーツバイク。アップライトなポジション、自然で快適な乗り心地で、ストリートや日常での扱いやすさを目指した。

スタイリングは、トゥオーノファミリーと同じアグレッシブでスポーティなデザインを採用。RS660同様、風洞における詳細な研究から生まれたダブルフェアリングを備えるほか、DRLライトを搭載したトリプルLEDヘッドライトを採用する。

ライトウェイトにこだわったトゥオーノ660は、ダイキャストアルミニウムのフレームとスイングアームにより高い質感と構造を実現。独自のセッティングが可能なKYBサスペンションシステムも搭載する。RS660と異なる高いポジションのハンドルバーやシャーシのディメンション、フォークプレートのオフセットの違いにより、優れたコントロール性、反応性、機敏なハンドリングを実現する。

エンジンはスウィングアームの軸受け要素として使用され、コンパクト、軽量かつ高剛性を可能としている。小型・軽量の直列2気筒エンジンは、パワフルなアプリリアV4の構造理念や基本的な技術コンセプトを継承。270°の点火タイミングによってライダーが望むキャラクターと迫力を演出。最高出力はRS660の100HPからやや抑えた95HPを発生する。また、ファイナルドライブはRS660よりもショート化。優れた反応性と俊敏性に貢献する。

また、多彩な電子制御デバイスも装備する。ライド・バイ・ワイヤ電子制御スロットルでは、マルチレベルトラクションコントロール、ウィリーコントロール、クルーズコントロール、エンジンブレーキ、選択可能なエンジンマップ、ABSシステムを含むAPRC電子制御システムの最適な管理が可能。カラーTFTメーターを通じて全ての電子制御システムを管理するため、5つのライディングモード(3つはストリート用、2つはサーキット向け)を微調整。自身のスタイルに合ったオプションを選択でき、カスタマイズにも対応する。

カラーバリエーションは、コンセプトブラック、イリジウムグレー、アシッドゴールドの3色を設定。日本仕様の導入については改めてアナウンスされる。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加