トランプ支持者殺到のParlerもネットから消される。Dliveの投げ銭も凍結に

トランプ支持者殺到のParlerもネットから消される。Dliveの投げ銭も凍結に

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2021/01/12
No image

Image: Fox News

残っているのはmixiぐらい…。

米国会議事堂占拠でSNSが暴力やデマの拡散に使われた」と非難され、トランプ大統領のTwitterアカウント(フォロワー数8900万人)が5万7000本の全ツイートごと削除されるなどアカウント凍結の動きが広まっています。

Parlerも消滅

TwitterやFacebook、Instagramを追われたトランプ支持者でにぎわうParlerは、暴動の翌日、iOSとAndroidの両方でトップチャートに一瞬輝きましたが、違法コンテンツのモデレーションが不十分なことを理由に、Apple(アップル)とGoogle(グーグル)。に続々と削除されました。

Amazonが与えた猶予はわずか30時間。違法コンテンツの削除が間に合うはずもなく、Parlerは日曜深夜をもってネットから消滅となったのでした。ホスティング停止期限は無期限です。個々のアカウントが消えるとかじゃなく、Parlerがまるまる消える異例の事態であり、AWSがここまでやるのは過去数例しかありません。

「ペンス絞首刑」の大合唱

ドイツのメルケル首相は「やり過ぎ。警告表示で充分」と言っていますが、削除の対象になっているのはたとえばこんな発言です。

「裏切り者のペンス副大統領をひっ捕らえてキャピトルヒルの木に吊るせ」

「バイデン支持の議員を殺せ」

「ペロシ上院議長を殺せ」

当日こう叫んで突入する支持者も目撃されています。

「『吊るし上げろ』なんてよくある言い回しではないか…」と思われるかもしれませんが、議事堂前には絞首台まで用意されていたので、ちょっと冗談では済まなくなってしまったんですね…。曲がりなりにも国家のNo.2(副大統領)とNo.3(議長)がターゲットにされた非常事態という認識です。

ジップタイを持ち歩く元空軍中佐

絞首台と並んで国民が青ざめたのは、人質拘束用のジップタイの束をもって議場やペロシ上院議長の執務室をいろいろ探し回るトランプ支持者の写真でした。以下の男性と…

BREAKING: He's being named by others now, so I can confirm results of the investigation: Eric Munchel from Nashville TN is #ZipTieGuy

His social media has now been locked down, but many of his posts are disturbing and include glorified violence. pic.twitter.com/xachNOyPLf
— John Scott-Railton (@jsrailton)
January 9, 2021
from Twitter

もうひとりはLarry Rendall Brock元空軍中佐(53)であることがトロント大学ムンク国際研究所の画像解析でわかっています(FBIに通報されてすでに逮捕済み)。

なんでよりによって空軍士官学校出のエリートがQアノン信者の「パニッシャー」の髑髏のバッジをつけて国会をうろつき回っているのか…。まったく理解に苦しみますが、空軍時代の同僚の話では、近年はトランプに心酔して別人になってすっかり疎遠になっていたのだとか…。MAGA帽をよくかぶって人種差別発言を大っぴらにするようになっていたと家族も言っています。

中佐本人は否定していて、「ジップタイも床から拾ったものだ」とThe New Yorkerに話しています。当日は集会に応援に駆けつけただけで、あんな暴力沙汰になるなんて思っていなかったのだそうですよ。その割にはヘルメットですけど、武装したのは「刺されたりケガさせられたらいやだから」だといいます。家族によると、もともと善と悪の白黒のみでその中間がない人だったので、トランプが善なら民主は悪と、完全に肩入れしてしまったのだろうということでした。

議事堂内ライブ配信のネオナチもDlive追放に

Meet BAKED ALASKA, despite having COVID, he stormed the U.S. Capitol, "Let's call Trump. He'll be happy. We're fighting for Trump." then continues, "We need to get our boy Donald J. Trump into office." pic.twitter.com/WIy0sUwKIO
— Cleavon MD (@Cleavon_MD)
January 10, 2021
from Twitter

YouTubeやTwitchを追われたトランプ支持者が動画配信で利用しているのはDliveという、シリコンバレーのちいさなスタートアップです。左翼の牙城UCバークレイ出の中国系のCharles Wayn君らが立ち上げたDliveにトランプ支持者がいつくというのもヘンだけど、もう四の五の言ってられないんでしょう。

議事堂占拠内部の模様は9人がライブ配信し、ユダヤ陰謀論極右ネオナチのBaked Alaska(本名・ Tim Goinet)のDliveライブは約1万6000人が視聴し、20分の中継で投げ銭が20万円以上集まりましたが、占拠3日後にはHoward Liebengood警官の自殺で死者は計6人となり、「人がこれだけ死んでいるときに投げ銭だと…!?」と怒号の嵐に…。トランプ支持者のトラフィックは大きな山なのでDliveとしても苦渋の決断ですが、議事堂占拠がらみの投げ銭は全額凍結にしたうえで、Baled Alaska、Nick Fuentes(前日の放送[下の動画]で「議員殺すぐらいしか挽回の手立てがない」と言っていた)ら3人の極右インフルエンサーを停止処分にしました。

White supremacist and Trump apologist Nick Fuentes encourages his viewers to kill legislators in his stream last night on DLive, earning $2800 for his effort. Dlive should be held to account for promoting and monetizing this violent rhetoric. pic.twitter.com/Efbq9ly1Bo
— megan squire (@MeganSquire0)
January 5, 2021
from Twitter

ファンクラブとは次元が違ってきている

20日の大統領就任式が終わって事態が落ち着くまで一帯は立入禁止になっています。議事堂突入のとき首からぶら提げていた社員証で会社をクビになった人、SNSの投稿でクビになった人もいますので、意図せぬことに知らず知らずのうちに巻き込まれないよう十分注意していきたいですね。

satomi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加