道路を広場にしてにぎわい創出 ピアノにボッチャ、馬とのふれあいも 仙台・青葉通で社会実験始まる

道路を広場にしてにぎわい創出 ピアノにボッチャ、馬とのふれあいも 仙台・青葉通で社会実験始まる

  • khb東日本放送
  • 更新日:2022/09/23

JR仙台駅前の青葉通の一部を広場として開放する社会実験が始まりました。

仙台市は23日から、仙台駅西口の駅前通交差点から愛宕上杉通交差点の間の約100メートルの区間で、車道の一部を広場として開放する社会実験を行っています。

車道に芝生の広場を設けてイスやテーブル、ストリートピアノなどを置きました。

また、広場では馬との触れあい体験やパラリンピック種目のボッチャ体験などが用意されています。

通りかかった人「楽しんでいる人の姿がいっぱいいる様子を、人が多く通るところで見られたら、仙台駅前が活気良く見えて良いなと思いました」

会実験は来月10日まで行われ、仙台市は交通量や人の流れの変化などを分析しこのエリアを回遊の拠点にすることを目指しています。

khb東日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加