ロッテ藤原、初回先頭打者弾に勝ち越しソロ 1軍昇格へ豪快2発アピール

ロッテ藤原、初回先頭打者弾に勝ち越しソロ 1軍昇格へ豪快2発アピール

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/16
No image

イースタン・日本ハム戦で7号ソロを放ったロッテ・藤原恭大【画像:パーソル パ・リーグTV】

「1番・中堅」で日ハム吉川、高山から6号ソロ、7号ソロ

ロッテの藤原恭大外野手は16日、イースタン・日本ハム戦(鎌ケ谷)で「1番・中堅」で先発出場。初回先頭で6号先頭打者弾を放つと、5回無死では左中間へ勝ち越し7号ソロを放った。

初回先頭、先発左腕・吉川光夫の141キロ直球をバックスクリーン右へ打ち込むと、2本目は左中間へ。5回無死で高校の先輩にあたる高山優希の140キロ直球を捉えて7号ソロとした。

試合前までイースタンでは49試合出場し、打率.238、5本塁打、16打点。後半戦へ入る中、高卒2年目が1軍昇格へアピールしている。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加