【MLB】ダルビッシュは「極めて素晴らしかった」 6回1失点7Kの好投を指揮官絶賛

【MLB】ダルビッシュは「極めて素晴らしかった」 6回1失点7Kの好投を指揮官絶賛

  • フルカウント
  • 更新日:2021/04/07
No image

ジャイアンツ戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

初勝利こそ逃したものの、6回を投げて3安打1失点の好投

■パドレス 3ー1 ジャイアンツ(日本時間7日・サンディエゴ)

パドレスのダルビッシュ有投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのジャイアンツ戦に先発し、6回3安打1失点と好投した。同点のまま降板したため、今季初白星はお預けとなったが、パドレスは終盤に勝ち越して勝利。試合後、ジェイス・ティングラー監督は「極めて素晴らしい投球だったと思う」と右腕の投球を絶賛していた。

初回、先頭のヤストレムスキーから空振り三振を奪うと、ディッカーソンも空振り三振に。2回はベルト、ポージーを見逃し三振に仕留めた。3回に先頭クロフォードにソロ本塁打を浴びて先制点を献上したが、この回も2つの三振を奪った。序盤から奪三振ショーを演じた右腕が6回までに許した安打は3本だけ。7三振を奪って1失点に抑えた。

1-1の同点のままで降板したため、ダルビッシュの移籍後初勝利はお預けに。チームは7回に右腕とバッテリーを組むカラティニが右翼スタンドへの2ランを放って勝ち越しに成功して勝利し、連敗を2で止めた。試合後、指揮官は「彼は素晴らしかったと思う。多くの変化球が機能していた。直球は私が以前見たような最高の出来のではなかったが、その球でうまくストライクを奪っていた。変化球が非常にキレがあった」と語り、ダルビッシュの出来を讃えていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加