岡田義徳 今年2月誕生の次男がRSウイルス感染で入院「小さいのに頑張ってるな」

岡田義徳 今年2月誕生の次男がRSウイルス感染で入院「小さいのに頑張ってるな」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

俳優の岡田義徳(44)が10日、自身のインスタグラムで、2月に誕生した次男がRSウイルスに感染し、入院したことを明かした。

No image

岡田義徳

岡田は「昨日、下の子がRSに感染したとの事で緊急入院しました」と書き出し、「暫く、ぜーぜーと息をしていたのもあり病院に行くとRSですねと」と告白。「入院と聞いて、妻が涙していたのが印象的で、入院して良くなるとしてもやはり、乳児にはしんどいだろうな、嫌、母は一番しんどいだろうなと」と、我が子と妻で女優の田畑智子(40)を気遣いつつ、「RSと言っても感染症、コロナでなかった事を喜ぶべきかと、複雑な思いでした」とつづった。

「夜、仕事を終えて、兄ちゃんを妻が見てくれるとの事で様子を見に行くとフガフガしていたので、抱っこしたら、嬉しそうな顔をしてくれて涙がでそうになった。痛々しい点滴の為の腕、小さいのに頑張ってるなって」と右手に包帯がまかれた、我が子の痛々しい写真をアップ回想。「ミルクをあげて、寝かしつけて家に帰り、妻に、なんだか寂しいねって話をしました。早く良くなります様にと祈る毎日です。同じ経験をされた方、されてる方もいると思います。早く元気になりますように。。がんばれ我が子」と記した。

岡田は18年1月に田畑と約6年半の交際を経て結婚。同年10月に長男、今年2月に次男が誕生している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加