新型ランドクルーザー“250”。シリーズ名はなぜ「250」なの?

新型ランドクルーザー“250”。シリーズ名はなぜ「250」なの?

  • ドライバーWeb
  • 更新日:2023/09/19
No image

2023年8月2日にプロトタイプが公開された新型ランドクルーザー“250”。ランドクルーザープラドの後継モデルである。プラドは世代を追うごとに高級・豪華な路線へとシフトする傾向にあったが、新型はランドクルーザーのライトデューティ系モデルとして、人々の生活と実用を支えるクルマという本来の役割に戻すことになった。

【画像】ランドクルーザー“250”の写真を見る

シリーズ名は従来のプラドの“150”に対して“250”を名乗るが、その理由について”250”シリーズのチーフエンジニアを務める森津圭太氏は「ステーションワゴン系が100、200、300ということで、100刻みでモデルチェンジをしております。一方、プラドが属しているライトデューティ系は90、120、150と来ていますので、今回、大幅に“ザ・ランドクルーザー”として生まれ変わるということもありまして、中途半端に50という数字を足すのではなく、100という数字を足して250という数字に決定しました」と語っている。

“250”シリーズは、“300”シリーズと同じフレーム式のGA-Fプラットフォームに刷新したり、ハイブリッド車を導入(日本にも投入予定)したりと、大きな改造をしていることから、“300”シリーズと同様に「大きく変えたのだ」という意味を込めて、100を加えて“250”というシリーズ名にしたわけである。シリーズ名の数字にも“意味”があるのである。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加