「妙におとなしいな...」みんなで買い物中、いつもと様子が違う息子。しかし私と2人きりになると?

「妙におとなしいな...」みんなで買い物中、いつもと様子が違う息子。しかし私と2人きりになると?

  • ベビーカレンダー
  • 更新日:2023/01/25

子どもにイヤイヤされることが苦痛……。今回は「子どもがママだけにイヤイヤする理由」に気付いたときの私の体験談を紹介します。

No image
No image

あれ? いつものおねだりやイヤイヤがない

わが子と私の両親と一緒に買い物へ出かけたときのこと。いつもならお菓子コーナーへ一直線のはずのわが子が、今日は私の手をしっかり握って動こうとしません。妙に大人しいのです。あれこれ買ってと催促することもイヤイヤすることもなく帰宅したことがありました。

このとき「子どもはイヤイヤする相手を選んでいるのではないか?」と、感じたのです。私の両親がいることで遠慮していたのかもしれません。小さいながらも、甘えられる人、そうでない人を区別しているのかもと思いました。

子どもがママだけにイヤイヤする理由

久しぶりに会った私の両親に遠慮気味だったわが子。両親と別れた瞬間から、いつもの甘えん坊に戻りました。

イヤイヤは甘えられる環境が整っているからできることなのかも……。「私だから甘えられてイヤイヤもするんだ」と思うと、イヤイヤは「子どもに信頼されている証拠」だと感じました。

つい大声でしかってしまうこともあるけれど

子どもの気持ちを理解していても、つい大声でしかってしまうこともあります。あとで自己嫌悪に陥ってしまうこともしばしば。気持ちに余裕がないと、誰しも感情をコントロールしにくくなります。

ちょっとしかり過ぎたなと思ったときは、まず気持ちを落ち着かせてから子どもに謝っています。すると子どもは「いいよ」とすんなり許してくれます。わが子のイヤイヤに困り果ててしまうこともありますが、素直に許してくれる子どもの姿は、私自身も見習いたいと思っています。

イラストレーター/まっふ

監修/助産師 松田玲子

著者:田中由惟

一男一女の母。二人目の出産を機に食品会社を退職。現在は子育てのかたわら、記事執筆をおこなう。趣味はスポーツとピアノ、美味しいものを食べること。

ベビーカレンダー編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加