幕下寺沢初の大銀杏も負け越し「少しだけチラッと」

幕下寺沢初の大銀杏も負け越し「少しだけチラッと」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

貴源治(右)を攻める寺沢(撮影・河田真司)

<大相撲11月場所>◇千秋楽◇22日◇東京・両国国技館

先場所で幕下全勝優勝を果たした西幕下4枚目寺沢(25=高砂)が、東十両12枚目貴源治(23=千賀ノ浦)に敗れて負け越した。

「一気に持っていく意識で当たった」という立ち合いで、貴源治に組み止められた。左を差して右上手を引いたが土俵際に押し込まれ、左ですくい投げを打ったが不発。貴源治の上手投げに屈した。

入門して初めて、十両の土俵で相撲を取った。「雰囲気とか所作が違くて緊張した」と振り返った。大銀杏(おおいちょう)も初めて結い「すごく新鮮な気持ちでした。あまり見ると緊張するので(鏡で)少しだけチラッと見た」と初々しかった。

自己最高位で臨んだ今場所は、1勝3敗と黒星先行。2連勝して勝ち越しに王手をかけたが、あと1歩届かなかった。「今場所は黒星先行になったけど、ここまで踏ん張れたのは良かった」と手応えを口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加