視線を感じたら今日もいました。

視線を感じたら今日もいました。

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

ノルウェイの田舎でハスキー犬約50頭、猫1匹、スイス製のダンナさん、そして息子さんと暮らす Kazuさん。動物たちのお世話や育児で大忙しの毎日…なのですが投稿された猫ちゃんの写真は絵本のワンシーンのような1枚でした。

手のひらがベッドです。

はいはい開けます開けます

スカンディナヴィア半島の西岸に位置するノルウェイ。非常に日照時間が短く寒さの厳しい冬、半面、夏は真夜中でも薄明るく太陽が沈まない白夜で有名ですね。写真は7月末の朝。ふと気配を感じて窓枠を見ると、そこには1時間程度の見回りを済ませてきたモノ言いたげな猫ちゃん。何か人間の言葉をしゃべりそうな、と感じたのはフォロワーも同じだったようで…。

「きたよーふふんって顔してる」「早く開けなさいって、穏やかに上から目線で言ってそう」「スゴい絵に描いたような顔だwww」「ぬこ『何見てんだよ開けろよ』」「開けるまで永遠に窓から覗いてきそう」などなど。実際のところはどうなんでしょうか。投稿者であり、飼い主でもあるKazu さんにお話を伺いました。
○……この猫ちゃんのお名前、年齢、性別は?そしてどんな性格?

猫は犬との区別のためSNS上では猫さんと呼んでいます。本当の名前はありますが、スイス人の夫も友人たちも何故か猫に「さん」をつけて猫を呼びます。今年四歳になる女の子です。
○……写真の猫ちゃんが帰ってきた時のシチュエーションを教えてください。

日課の見回りを終えて一時帰宅した時の1枚でした。息子のお世話で手が足りなかったので、猫には少し待って貰っていました。
○……猫ちゃんの表情に関するリプライが多くありましたが、飼い主さんから見てどんなことをいいたい表情でしょうか。

「はよ開けて」の顔です。ご飯の器の前でご飯くれの催促もしますし、外へ行きたいときにはドア開けてっていいにきます。
○……ノルウェイで動物たちと暮らす楽しさについて教えてください。

田舎で周りに何もありませんが、外へ出れば50頭近いもふもふの友人たちがいつもにぎやかにやっていて、猫も自由気ままに過ごしています。そんな彼らといるといつも話題に事欠かないので生活はとても面白いです。

たくさんもふもふがいるのでお世話に時間は取られますが、春先に犬と山を登りそこから見えるノルウェーの雄大な自然を見ると、また来年違う景色を見に行きたいな~と思うのでこの生活はやめられません。

▼はいはい開けます開けます

はいはい開けます開けます pic.twitter.com/mn48dwbEky— Kazu.net@norway???????? (@WalkingtheNorth) July 22, 2022

矢野タト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加