三重県で206人コロナ感染、市町別内訳は鈴鹿市38人、いなべ市15人、名張市12人... 1月15日発表

  • 福井新聞ONLINE
  • 更新日:2022/01/15

三重県のホームページによると、県内では1月15日、206人の新型コロナウイルス陽性が確認された。市町別内訳は以下の通り。⇒オミクロン株の初期症状、潜伏期間は
四日市市:46人
鈴鹿市:38人
津市:35人
桑名市:19人
いなべ市:15人
名張市:12人
伊勢市:10人
伊賀市:8人
菰野町:8人
松阪市:3人
川越町:2人
木曽岬町:2人
鳥羽市:2人
亀山市:2人
朝日町:1人
東員町:1人
明和町:1人
非公表:1人
県外:2人
※県外発表2件を含む

県によると、鈴鹿市の中学でこれまでに生徒と教員計7人の感染が判明。同じ運動系の部活動に参加していたとみられ、県はクラスター(感染者集団)が発生した可能性があるとして調査を進める。

⇒オミクロン株の初期症状、潜伏期間は

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加